11/09/03
怖い話とはちょっと違うけど、霊感(?)を持つきっかけになった話。

18の頃に金がないなか、築50年のボロいアパートに住んでた。駅まで自転車で20分近くかかって、いつも川沿いの道で駅まで向かってた。

飲食店でバイトしてたから、帰りはいつも遅くて23時くらい。その日も暗いなか川沿いの道を帰ってた。

家まであと数十メートルって所で道のそばにタクシーが止まってた。よくある光景なんだけど、車内灯は点いてるけど誰も乗ってない。

違和感あったけど、特に気にせず帰宅。



翌朝、家を出るとタクシーがまだ止まってる。車内灯は消えていて、特に気にせず仕事へ。

仕事帰りにまだ止まってるタクシー。翌朝も...その時は、近くにドライバーが住んでると思って気にしなかった。

んで、タクシーみて3日目の朝。
家に訪問者あり。警察。

話を聞いたら、あのタクシーのトランクから運ちゃんが出てきたらしい。初日に車内灯が点いてた時が恐らく殺害時刻。川沿いの草むらあたりに遺留品があったとか。

さすがにゾッとした。

きっかけかはわからないけど、それ以降、人身事故よく見たり、変なもの見たりする。

事件は有名だから、ググればわかると思うけど、そんな話。