一回は一回です。。| 2ch修羅場・復讐まとめ

2ちゃんねるから修羅場・復讐・鬼女・気団・嫌がらせ・キチ・報復・嫁姑・トメ・コトメ・ウト・DQN返し 「ざまぁみろ」と言っちゃう本当にあった復讐劇をお送りします。 読み終わってスッキリする事間違いなし!! 「一回は一回ですから...」 と言う感じのまとめサイトです。

  • Twitter
  • RSS

髪の毛

料理

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その17
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1485523017/

228: 一回は一回です。。 2017/02/15(水)12:51:58 ID:Lkr
妹は、春から調理師学校に通う予定だった
その調理師学校で、新入生対象のプレイベントとしてバレンタインのお菓子作り教室があった
妹も出席したのだが、作っている最中に、自分の髪の毛をむしっては混入しているのを発見されて別室送りになり、製作途中のお菓子は廃棄処分になった

別室で講師だか教員だかに

「何であんなことをしたのか」

と追及された妹は

「料理をするときは自分の髪の毛を混ぜなきゃダメでしょうが」

と素で応じたらしい

続きを読む

火

引用元:【セコキチママ】発見!キチガイママ その22【泥キチママ】
https://toro.5ch.net/test/read.cgi/baby/1331039839/

922: 922(1/3) 2012/03/28(水) 17:59:34.88 ID:+ClQFN5f
報告させてください。 
まだ終わってないお話。 

私20歳女。車の免許をもって1年半。だけど車は今ので3台目。 

ちゃんと理由もあって
 
1台目→傷を付けてもいいのに20前の20万キロ走ったおんぼろ軽
 
2台目→1台目がエンジンもかからなくなってしまったので車屋がだしてもらった代車。1台目とは違うけど8年前の軽
 
3台目→中古で自腹で買った金皿もおkなまだまだ型も新しい軽。まだ来て2日目。 

去年の8月に住宅街やスーパー密集地のマンションに引っ越してきて駐車場は駐車場入口一番手前。 

が前提。 

続きを読む

死

【※過激な描写あり】

820: 一回は一回です。。 2011/04/22(金) 01:21:25.19 ID:sRgAh7Sx
子供の頃、実家の土葬の墓を改葬したんだが

掘り出された先祖の遺骨のビジュアルも子供心に十分衝撃的だったし(またこれが何故か皆人体模型みたいに綺麗に残ってんだよ、江戸や明治時代の墓なのに)

朽ち果てた棺桶が葬儀当日のままに出現して、開けたら異臭漂うちょんまげ載せた白骨なんぞ卒倒もんだったが
 
一番衝撃的だったのは、それを無造作に素手で引っ掴んで袋に放り込み、淡々と火葬する葬儀屋
 
火葬場でやるのかと思ったら、墓地の片隅に焼けトタン敷いて、その上に骨と廃材乗せてガソリン撒いてガンガン燃やすだけ 

墓が多いから全部終わるまで何日も付き合わされたけどほんと嫌だった 

しばらくどころか未だに夢に出てくるし・・・ 

骨拾いをあそこまで連チャンでやったのは俺ぐらいじゃないか

続きを読む

ぬいぐるみ

引用元:今までにあった修羅場を語れ【その6】
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1414581058/

196: 一回は一回です。。 2014/11/07(金)23:42:00 ID:rn2paaYsz
兄嫁さんの修羅場。現在進行形。

8月に兄嫁さんの乗っていたタクシーが、信号待ち中に後ろから別の会社のタクシーに突っ込んでこられた。
完全に停止していたので、10:0で相手の過失。兄嫁さんは首を痛めて通院してた。

通院が終わった頃、今度は兄嫁さんの運転する車が、バックをしくじって隣の家の郵便ポストにヒット。これは結局保険使わず直したらしいんだけど、これも10:0。もちろん兄嫁さんの過失。

で、郵便ポストが直った直後、今度は兄嫁さんと私が買い物に出かけて、スーパーの駐車場で駐車したら、別の車が突っ込んできて(初心者マークつけてて、バックを失敗したらしい)私の車が損傷。もちろん10:0。

二度あることは三度あるっていうけど……ねえ、って兄嫁さんと話していたら、私の車が修理から帰ってきた直後、また兄嫁さんの乗っていた、停車中のうちの親の車にバイクが突っ込んできた。

続きを読む

精神を病んだ女

14/09/10
ルームシェアしてる同居女性の話です。

シェアしてから2年ちょっとなんですが、最近彼女の髪の毛が明らかに薄くなっていて、本人も相当気にしててアレンジしながらごまかしている様子。

どうしたのか聞けないし、悩みがあるのかな、なんて思いながら過ごしてました。

続きを読む

このページのトップヘ

×