やさしい女の子

212:
おさかなくわえた名無しさん 2011/06/11(土) 18:57:34.44 ID:QPCiOJxr
十数年前姉が病死、姪っ子は私達の母親の養子になった。 
そんな姪っ子は当時幼稚園児。 
両親は自営業だった為、事実上私が母親代わりになり、仕事を辞め姪っ子のケアに専念。 

そんなある日、姪っ子の誕生日プレゼントを買いに出掛けた。 
しかしふと足を止め、お茶が欲しいと言い出した。 
夏でとても暑い日だったので、喉乾いたのかな?と思い、自販機でお茶を買い姪っ子に渡すと走り出してしまった。
 
慌てて追いかけると、姪っ子はある人の前に行き、
 
『どうぞ』

とお茶を差し出してた。 

最近この辺に居るようになった、40代と思われるホームレス。 

続きを読む