一回は一回です。。| 2ch修羅場・復讐まとめ

2ちゃんねるから修羅場・復讐・鬼女・気団・嫌がらせ・キチ・報復・嫁姑・トメ・コトメ・ウト・DQN返し 「ざまぁみろ」と言っちゃう本当にあった復讐劇をお送りします。 読み終わってスッキリする事間違いなし!! 「一回は一回ですから...」 と言う感じのまとめサイトです。

  • Twitter
  • RSS

ざまあみろ

復讐

17/01/02
5年前に制服で電車に乗っていて痴漢に遭った姉に、

「学校から近いから」

って理由で、我が家の茶の間に居座って
私の買い置きしてたお菓子を勝手に食べながら

「そんな格好してた方が悪い」

「誘うような格好してたお前にも落ち度はあったんだからおおごとにはするな」

とか抜かして父に張り倒されて、
我が家から出入り禁止を喰らったクソ従兄弟が交通事故に遭ったらしい。

続きを読む

電車のマナー違反

10/06/02
叩かれるかも知れんが書いてみる。 

昼間のそこそこ空いてる電車の中での出来事。ドア付近に居た若い女が
でかい声で携帯で話していた。バカみたいに大笑いして、
隣で座って居眠りしていた男性(一見まじめなサラリーマン風)が
驚いて起きてしまったほど。 

続きを読む

チョコレートパフェ

11/04/25
約30年前の話。DQN返しというかほとんどトメ自爆状態ですが。 

当時電車で一駅ぐらいの比較的近距離別居だった私家族と父方祖父母。 
父が仕事で多忙なのをいいことに、テンプレ通りな祖母が
しょっちゅうアポ無し凸して母をいびっていた。

続きを読む

男子学生

復讐とかそんなレベルではないけど個人的にスーッとした話。

小、中学校の同級生にAって奴がいたんだがこれがもう本当に憎たらしい奴で
格下認定した人を常に嫌がらせするような奴だった。
その嫌がらせがまた巧妙かつ頭が良かったから、教員もそいつのことを
怒ったりなんかは一切しなかった。むしろ気に入られてた。

続きを読む

笑う女

10年以上も前のことだから時効かな。でも墓場まで持ってく。

職場の同期にAって女がいて、そいつのことが大嫌いだった。
学歴も容姿も全く敵わないぐらいAの方が上だから、こっちは張り合うつもりなんてサラサラないのに、いつもやたら絡んできて小馬鹿にしてくる。
身に付けているものからお弁当の中身まで。彼氏を見られて馬鹿にされたこともあった。

続きを読む

渋谷のスクランブル
687 :
名無し :2016/01/21(木) ID:tty
以前勤めていた会社で意地の悪い先輩がいて、
俺の身体的な欠陥をからかったり、
冷蔵庫に入れてた弁当を捨てられたり、小銭をパクられたりした

正直対応がめんどくさかったし、先輩と言っても直接仕事で関わりもなければ
将来的にも関係なさそうな人だったし、全部上司にチクって適当にあしらってた
弁当はただの趣味だったので、
作るのをやめて社食に切り替えれば問題なかったし

続きを読む

いじめ
371:
名無しさん@おーぷん :2015/04/09(木)18:58:00 ID:bye
長い。フェイク有。

中学生の時に私を
「貧乏人でオタク臭い」
と酷くいじめてくる女がいた。A子とする。
家が金持ちらしく、小学生時代からの子分を従えてた。
 
続きを読む

祝電
784:
1/3 :2015/02/10(火)12:29:12 ID:vtg
どこに投下しようかと思ったけど、あまりにネタ小説みたいになったのでチラ裏に捨てていきます。


私は性染色体異常で、わかりやすくいえば両性具有というものです。
幼いときは『中性的な見た目の男』だと思われていたので そういう風に育てられたものの、
自覚している性は女性だったのでそのギャップに長年苦しみました。
小学校高学年のときにこれとは関係のない病気で入院して、そこで初めて性染色体異常がわかりました。
(生まれたときにはわからなかったみたいです。親が私を嫌っていて詳細を聞けなかったので不明)
違和感の正体はこれかと知り、成人してすぐに家族の反対を押し切って手術等をして肉体も戸籍も女性になりました。
その後すぐに、手術の資金を援助してくれた祖父が亡くなったのを機に、遠く離れた県へ移住しました。
 
続きを読む

ロミオ
62 :
名無しさん@おーぷん :2015/12/07(月)17:52:08 ID:6gu
専業主婦のくせに~が口癖になった元旦那と離婚してから数年。
私が現在フルタイムで働いている事を
『生意気だ』とツイートしているという情報を耳にした。

面白がって、私さんの月収は100万らしいとリプしているやつもいるんだって。
そんなに稼いでないっつーの。
まあ私には関係ないし放置で良いんだけど、
普段あちこちのロミオ情報を見てるから、実家及び知り合いには釘を刺しておいた。
 
続きを読む

このページのトップヘ