人体

309:
名無し職人 02/12/04 16:10
祖父の葬儀の時、火葬場でお骨を骨壺に納めていたら、灰の中からなにやら小さな粒が出てきた。

その後、粒は続々と見つかり、その数は40数個にものぼった。

コレは一体なんだろうと親戚一同で話し合っていると 
そこへ遅れてきた祖父の弟であるTさんがやってきた。



そしてTさんはその粒を見せられると
 
「ああ、これは昔、俺達兄弟がマタギやってたときに、俺が獲物と間違えて兄貴を撃った時の散弾だ」

唖然とする親戚一同。

Tさんは更に続けて

「兄貴は丈夫でなぁ。傷口に焼酎ぶっかけて2週間もすれば治っちゃったんだよ」

そう言って豪快に笑うTさん。

いいのか・・・それって・・・


310: 名無し職人 02/12/04 17:14
>>309
ええ話や


311: 名無し職人 02/12/04 19:33
うちのお爺ちゃんは焼いたら こぶし大の石が出てきました。

胆石だったそうな。

医者の知り合い曰く

「その大きさだったら10年物だな」

だそうな。


312: 名無し職人 02/12/04 19:46
>>311 
あははははは。10年もの!(笑) 
ワインじゃないんですから


実話にまさるものなし~三杯目にはそっと出し~