母と娘

432:
一回は一回です。。 2009/06/29(月) 16:13:53
嫁とは出来婚だった。 
5年付き合った相手。いい区切りだったし嬉しかった。 
嫁の腹の中で動く娘がかわいくてかわいくて、友人付き合いもバンドも断って大学は休学した。
 
嫁は俺をずっと気遣っていた。 

「まだ遊びたい盛りだったでしょ」

「やりたいことたくさんあったよね?」

「ごめんね、私よりもっともっと美人な優しい人と結婚したかったよね…」 

何度そんなことないと抱き締めたかわからない。



嫁と娘、同時に無くして、年相応の自由が手に入った。 

嫁がいたころ

「こいつたちがいなきゃできるのに」

とちらちら思ってたことが今は何一つ思い出せない。 

俺、何がしたかったっけ? 
葬儀も済んで半年経つのに、何もしたくない。


434: 一回は一回です。。 2009/06/29(月) 21:02:29
>>432 
泣いた。 

何で赤の他人のために泣かなきゃならねーの。w 
でも不思議なもんだ。おまいらには死んで欲しくない気持ちでいっぱいだ。


438: 一回は一回です。。 2009/06/30(火) 01:20:08
>>432 
そうだな。 
まずは、愛してた嫁と娘を思い出すこと。忘れないこと。 
そんな自分を愛すること。 

それが出来たら、彼女らにお土産話が出来るように、前に進もう。


439: 一回は一回です。。 2009/07/01(水) 00:24:11
>>432,>>438 
そうそう。 
嫁がいなくなって悲しいのは、嫁から素敵な気持ちをたくさんもらって来たから。 

今はその思い出が悲しいけれど、もう少ししたら、そんな思い出を与えてくれた嫁に感謝出来る日が来る。 
それに気がついた時、俺は目の前が開けた気がした。 

嫁が生きた証を一番心に刻んでいるのは俺達なんだ。 
それを大切にして、少しでも長く生きて行くのが、俺達のすべき事だと思う。


引用元:嫁が死んだ人集まれーーーーーーーーーーーーー
https://namidame.5ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1218102172/