ひきこもり

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 92度目
https://kohada.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1365334574/

735: 一回は一回です。。 2013/04/23(火) 23:07:35.25 ID:h8LxDXYq
中学時代、違う小学校だった友達に、彼と同じ小学校で不登校中の奴の家に遊びに行こう、と誘われてその不登校の奴の家に遊びに行った

友達は不登校の奴の家に入るなりそこにいた不登校の母親に

「サチコ(仮)、不登校いる?」

と名前呼び捨てで話しかけた

サチコは

「2階におるよ」

と答えたので、友達と2階に上がって不登校の家に入った



不登校の家で格闘ゲームやってたところ、サチコがせんべいを持って上がってきて

「みんなで食べなさい」

と言ったんだけど、不登校は

「こんなもんいらん」

とせんべいをつかんで床に叩きつけて足で踏みつけた

「不登校ちゃん、食べ物は大切にせんなんよ」

というサチコに

「うるさい黙れ」

と踵落としを決める不登校

サチコは

「いたい、不登校ちゃん骨折れたわ」

と、さほど驚いた様子も痛そうな様子もなく言った後、普通に階段を下りて行った

不登校は格闘ゲームの途中、もうこんなんいいわとソフト抜いて壁に投げつけた

そこで帰ることになって、不登校が見送りに来たんだけど、不登校が足になんかを巻いていた
聞くと5kgだか10kgだかのパワーアンクル?らしい

それをいきなりはずして

「死ね」

と友達にぶつける

友達は腹に直撃して

「今ちょっと息できんくなった」

と笑いながら言ってた


736: 一回は一回です。。 2013/04/23(火) 23:10:14.32 ID:h8LxDXYq
後日、友達に聞いたところ、サチコは本当に骨が折れていたらしい

他にも不登校は、サチコにゲーム機を買ってくるように頼んで、サチコが違うゲーム機を買ってきたら

「これじゃないわ」

と叩きつけて、鍬で壊したらしい

こんな世界があるのかと衝撃的だった


740: 一回は一回です。。 2013/04/24(水) 00:44:34.53 ID:XnU3PdkT
子供だから屈折してしまっているだけかもしれないけど、ここまでくると知的障害や発達障害の可能性も大きいね。
母親や友だちはなんでそんなにヘラヘラしてるんだろうなあ。
もうどうしようもないから笑うしかないのかな…。


742: 一回は一回です。。 2013/04/24(水) 01:28:30.09 ID:fs3e5+fX
母親が障害者なんでしょ


743: 一回は一回です。。 2013/04/24(水) 05:10:54.91 ID:aoxZ4MIy
友達とサチコが不義密通の仲なのかと思った・・・


746: 一回は一回です。。 2013/04/24(水) 07:11:20.07 ID:Bm3gmuN/
>>743
俺もそうなのかと思った


744: 一回は一回です。。 2013/04/24(水) 06:51:20.58 ID:5wttnt/l
むしろ、専門家()の゛怒るな、本人のやる気を待て゛を実行して失敗したような感じかな


745: 一回は一回です。。 2013/04/24(水) 06:57:36.84 ID:MM/ze0Qs
>>744
一時期あったな~そういうの。
不登校の子への正しい対応として、親は絶対に子供を怒らず、指示もせず、全て子供の言うとおりにしろ、できれば敬語を使え、というもの。
あれで状態が改善した例があるのだろうか??

うちの親戚にそんな奴いたけど、親が何も言わず奴隷状態だったもんだから
今では立派な病気になってしまったぞ。


747: 一回は一回です。。 2013/04/24(水) 07:54:35.32 ID:1EDYULTF
不登校とかひきこもりについて、いまでこそみんなに知れ渡っているけれど、昔も実はいましたね。
私は中学校のころにショックな光景をみた。
昭和50年台のはじめ頃。クラスにくらーい男子がいて、いつも一人ぼっちだった。
みんな無視していたけれど、気の毒に思った私はなるべく声掛けをしました。
その後、その男子生徒は出てこなくなった。
先生が何度も訪ねて行って学校に来なさいと促した所、どうやら私となら行くって。
理由は、唯一無視しなかったやつだからっで。


家に訪ねて行ってみたら、お母さんは青たんがいっぱいで手には包帯、暴力を振るわれているみたいでビクビクしていた。
しばらく迎えにはいったけど内心は怖かった。
いつ暴れるかわからないひとだったし、登校途中に2度ほど蹴られましたね。
母からは、誰かにいじわるしたり仲間はずれをしてはダメよと言われてきたのでそうしてきただけなんだけど、自分の子にはもしも暴力的な子がいたら、できるだけ距離を置けって言い育てました。