女神

05/05/20
単なる痛い話でしかない気もするが、驚愕もしたので書いてみる。 

私が高2の時、帰宅途中の道に建設中の家があった。 
半月程前から工事が始まって家の枠組みがなんとなくできてきた感じ。
 
その日もなんとは無しに工事中の家を横目に歩いてたんだが、 
その日に限って資材を運んでたおっちゃんがバランスを崩し、
2階の高さから細長い中が空洞の鉄の棒(正式名称ワカンネorz)が落下。
ちょうど下を歩いていた私に直撃、胸に「ドンッ」っと衝撃が来て
一瞬息が詰まっただけだったんだが、おっちゃん達がすぐに真っ青な顔して下りてきた。

当の私自身は、まぁ危なかったけどそんな慌てんでも・・・ とか思って

「大丈夫ですよ」

って意味で軽く片手を上げようとしたら、なんか手に当たったんですよ。
 
「なんだ?」

と思って見るとなんと 鉄 の 棒 が 左 胸 を 貫 通 し て た。

それに自分で気づいた瞬間さっきまではなんとも無かったのに急に息が詰まって
「ふらぁ」と後ろに倒れこみそうになった、だがちょうど身体に
刺さった鉄の棒がつっかえ棒みたいな役割になって倒れることができなかった。
 
それどころか自重で「ズズズズッ」っと音を立てて更に深く鉄の棒が
体に抉り込んでくるので反射的に身体を起こしたとこに
おっちゃんが駆けつけて来て肩を貸してくれた。(今でもあの音はちょっとしたトラウマ・・・)


 
その後は野次馬が集まってきたり、相変わらずおっちゃん等が騒いでたりしてたがよく覚えてない。
鉄の棒が刺さっているため座り込むことも地べたに寝転がる事も
できなかったので救急車がくるまではずっと立ちっ放しだった。

10分位して救急車が来たんだが鉄の棒が邪魔で救急車に入れない、
仕方ないのでその場で邪魔な部分を切り落とす事に。 
切る時の振動とか滅茶苦茶痛いんじゃないだろうか、と思ってたが
痛みはそれほどでもなく、むしろ振動そのもの方がきつかった。
直に振動が身体に伝わってきて吐きそうな感じ。

んで切断が終わると救急車に乗せられ即病院、そのまま緊急手術。

「私死ぬんだな・・・」

とか思ってたんだが、あっという間に手術終了。検査も含めて翌日には退院してまった。

鉄の棒は位置的に心臓、肺共にジャストミート。
正直もう助からないんじゃないか、と医者も思ったらしい。

じゃあなんで助かったかっつーと 幼少の頃に私は大病を患っていた。
医者の話だと元々心臓病なんて重い病気を患ってる上に肺炎と腸詰まりまで
併発してたらしく、そりゃあ大手術だったらしい。
んでその時の手術で私は左肺全部と腸の一部を切り取っていた。
心臓は病気のせいなのかそれとも特異体質なのかはよく分からないんだが
私は心臓が右側にある、右よりとかじゃなくて本当に右側。

というわけで鉄の棒は左胸を貫いたものの肺も心臓も傷つけることなく、
更にはうまいこと骨の隙間を貫通したため 実質私の怪我は刺さった部分と
突き抜けた部分の皮膚の裂傷と多少の出血だけですんだ。

医者曰く

「普通ならまず心臓を貫通した時点でほぼ即死」

との事、不憫な身体だと思ってたがこの時ばかりは自分の身体に感謝した。

自分の胸に鉄の棒が生えているのを見た時の驚愕は間違いなく私の人生で一番だったよ orz


108: ななしのいるせいかつ 2005/05/20(金) 20:31:51
>>106 
スゲエ… 
久々の大物に(((((;゚Д゚)))))ガクガクブルブル 


109: ななしのいるせいかつ 2005/05/20(金) 20:43:12
>>106 
ぶ・・・無事でよかった・・・ねぇ・・・・(((( ;゚д゚)))アワワワワ 

小さい頃に手術した身とあれば 
ご両親もさぞかし心配されたことでしょうな


110: ななしのいるせいかつ 2005/05/20(金) 21:03:29
おそらくその鉄棒落っことしたオサーンにとっても人生で一番驚愕した瞬間だっただろう。 

脳裏にヤバいものいっぱい渦巻いただろうなー。 
(例:葬式で106の親族に土下座する自分。業務上過失でタイーホされる自分。逃げていく妻子。等等)


111: ななしのいるせいかつ 2005/05/20(金) 21:39:12
なにより無事でよかったよ。 
マジで運良いな。 

世界仰天ニュースでもそういうのやってたな。 
鉄パイプかなんかが首の右側→左わき腹まで貫通。 
全く痛みは感じずに、周りの奴らはパニクってる中で本人が一番冷静だったと。


112: ななしのいるせいかつ 2005/05/20(金) 22:11:56
すげぇ話だ・・・幼少に患っていた病が助かった原因とは・・・ 
正に人生万事塞翁が馬って奴だな・・・ 

しかし・・・悪運の強さでは故郷のご近所では無敵を誇った俺だが・・・上がいると言うことを悟ったよ


113: ななしのいるせいかつ 2005/05/20(金) 23:51:02
人間万事>>106が胸 

マジ良かったね… 
幼いころの病気も、きっとこのときのために神様が用意してくれたのだろうね。


114: ななしのいるせいかつ 2005/05/21(土) 00:07:35
うわぁあああ・・・ 
しかし、重要器官を外したからってすぐに退院していいのかねぇ・・・ 
「ズズズズッ」想像しただけで怖い。


115: ななしのいるせいかつ 2005/05/21(土) 00:10:22
そういえばこの前アンビリーバボーか何かで 
生まれつき臓器が左右逆に付いてる人が出ていたが>>106もそういった類の人なんかなぁ?


117: ななしのいるせいかつ 2005/05/21(土) 01:02:27
>>115 
稀にいるらしい。 
>>106は心肺機能は健常者より劣るだろうが(蔑視するつもりはまるっきり無い)、この事故は本当にそれに助けられたな・・・
 
漏れも歯に欠損と余計なモン付いてるしな。下の前歯から数えて4つ目の
永久歯が無い。歯の芽(?)が存在しないから、ブリッジしてる。 
あと、普通なら前歯から数えて3本目に犬歯だが、4本目に犬歯がある。1本多い。
あまりにナチュラルに生えてるから10年以上通ってた歯医者も気が付かなかった。
 
ついでに爺さんと婆さんの両方が完全に聴覚喪失していたが、そりゃあ立派な夫婦だった。
 
関係ねぇ話ですまん。


118: 106 2005/05/21(土) 01:25:42
私の場合左右逆なのは心臓だけです。
とにかく幼少時から現在進行形で毎年何回か手術受けなきゃ
直ぐガタが来るような身体なんで他にも普通の人とは違うとこが少し・・・ 
どころか、むしろ違うとこばっかりだと担当医が言ってました。

どこが違うとかは素人の自分は話を聞いても全ては理解できませんでしたが
自分が理解できるとこだと、まず肺が片肺でも活動できるよう
普通の人の1.5倍くらいの大きさがあるらしい、
幼少の時の手術で切った部分の腸は別の臓器で補っている、
同じく幼少時の病気の山場時かなりの長時間限界ギリギリの熱を出していたため
一部神経が若干やられ、人とは色覚、味覚が少し違うこと、身体の一部の痛覚が異常に鈍い、
あと異常に高血圧で担当医から出される薬を毎日3回服用しないと
血圧が上がりすぎて大事な血管が破裂してしまうらしい等、
他にも色々あるらしいですが他のはちょっと理解(覚える事が)できませんでした。

「片肺や心臓が右にあるくらいなんか問題あるの?」

って感じですが、医者側から見ると大問題らしく、 
前に一度インフルエンザをこじらして近所の病院に駆け込んだらレントゲンとった医者が
 
「身体構造が全然違う!」

ってテンパっていつまでたっても治療してもらえず、
結局いつもの病院に回されたんですが、その間何度か三途の川を渡りかけました。 

なんか書いてみると改造人間みたいだな私は・・・

こうやって上げ連ねると、さも重病人みたく見えるかもしれませんが
「走れない(要は激しい運動ができない)」って事以外は日常生活では特に不憫は無いです。
まぁ私の場合生まれて直ぐに心臓病にやられちまったので
「健康だった時期」がないのであまり不憫に感じないだけかもしれませんが・・・
 
唯一不憫に感じることと言えばプールなんかに行った時、
フランケンシュタインよろしく体中がホントに手術の後だらけなので、
たまに危ない人かと思われて止められる事があるのと、周りの視線がちょっと痛い事くらいですかねw


122: ななしのいるせいかつ 2005/05/21(土) 04:19:28
>>118 
>片肺でも活動できるよう普通の人の1.5倍くらいの大きさがあるらしい 

そういや、俺の友達が事故で片玉つぶしちゃったんだけど 
もう片方がでかくなったって言ってたわ


【Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ】人生で一番驚愕した瞬間 6度目 

関連記事↓