一回は一回です。。| 2ch修羅場・復讐まとめ

2ちゃんねるから修羅場・復讐・鬼女・気団・嫌がらせ・キチ・報復・嫁姑・トメ・コトメ・ウト・DQN返し 「ざまぁみろ」と言っちゃう本当にあった復讐劇をお送りします。 読み終わってスッキリする事間違いなし!! 「一回は一回ですから...」 と言う感じのまとめサイトです。

  • Twitter
  • RSS

後悔・懺悔・自戒

金持ちの妻

11/07/06
最初の結婚は玉の輿で、周囲に持ち上げられ 
金の使い方など知らなかった私は調子に乗ってお金をあげまくった。
 
毎月みんなにばらまいて、もらってる生活費が足りないのが、
旦那にばれるのが嫌で、旦那の土地を内緒で一つ売ってしまい、それで生活していた。
 
しかしすぐにばれて、生活費以外のお金やカードを取り上げられ
お金がないと分かると周りは離れていった。
周りは私のお金が目当てと分かっていたのに、私は傷つき、
せめて残ってくれた友人は大切にしようと思った。

続きを読む

恋心

10/10/25
兄の昔の日記を見つけた。ある女性への淡い恋心を綴った中学生日記。
つかず離れず、もどかしい2人の関係。そして日記は女性の転校で終わる。
 
その頃一通の兄宛の手紙が届いた。
 
宛名を見るとあの女性!好奇心に負け私は中を覗いてしまった。
10年ぶりの近況や今の連絡先などが書いていた。当時恋心があった告白も。

続きを読む

泣き顔

08/11/05
自殺で思い出した。

友達の経験なんだけど、中学の時クラスの女の子に初めて話し掛けられた。
 
「ねーこのあたりで一番高いマンションってどこだろね」

続きを読む

m9(^Д^)プギャー

10/02/20
職場のバイトの女の子で、仕事はできるけど私より地味なファッション、
適当な髪型、付き合いの悪いオタク系の子がいたんだが、それが嬉しくてつい
 
「眼鏡とってメイクしてみたら?」
 
「こんど一緒に服買おうよ。アドバイスしてあげる」

「好きな人いないの?誰か紹介したげよっか?」

なんて言ってたある日、

続きを読む

幼少期の後悔

09/06/14
はじめまして。文才全くないので自信はありませんが、実際にあった話を書きます。

私の家族は父、母、兄、私、妹、祖母の6人です。先月なくなった祖母の話をします。

祖母には私が小さい頃、よく可愛がってもらったのを覚えています。いつも優しくて私は祖母が大好きでした。

続きを読む

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドに寄ったら、店員さんが可愛いお姉さんだったからテンション上がって

13/04/08
「レギュラー満タンで!っと……お姉さんの可愛さはイレギュラーだけどね☆」

って言ったら

続きを読む

餌食になった少女

11/04/01
中学2の時に、親友だった子(A子とする)が街でナンパにあって 
大人の男の人とこっそり付き合いだした。
 
今から考えたら、中2のガキンチョなどナンパする男など
碌なもんじゃないって判るけど、当時は半端に大人な行動に憧れていた時期で

「大人の恋人いる私って凄い」

と 酔っているA子に

「大人の恋をしているA子ってカッコイイ!( ・∀・)イイ!」

と単純に応援する お馬鹿コンボで、A子が危ない相手に引っ掛かてるという
認識はなく、却って、急激なA子の変化に心配したA子母が私に
「心当たり」を聞いてきた時にも、「親友の恋を応援する健気な自分」のノリで
A子の彼氏の事は隠し通した。

続きを読む

もじょ

13/09/11
ネットを始めたばかりの頃、たまたま見つけた個人サイトの管理人が
めちゃくちゃ趣味の合う人で、掲示板に書き込みしたら
すぐ丁寧なレスが来て、毎日のようにやり取りしてた。
 
そのうちその人を喜ばせたくなり、沢山ファンがいるように見せかけて
名前と口調を変え複数の書き込みをした。

翌日覗きに行ったら

「ハンドルネームは統一していただくようにお願いします」

の注意書き… 

続きを読む

小人

10/05/07
大学のサークルの仲間7人で私が好きな男の家で飲んだ。
みんな酔っ払って寝ていたところ、部屋で吐いてしまった。 

隣にいたチビな男をゲロの前にちょっと移動し、私は口を洗い、キャーと叫んだ。
 
そして隣にいた男が吐いたゲロが私の服にかかったと言った。 
幸い私の服は裾の方がちょっとしか汚れていなかったので 
みんなはチビを非難した。 

続きを読む

懺悔

11/01/10
近所に軽度知的障害児がいて、その子を見るたびに思い出してしまって 
悪い夢を見るようになってきた。忘れてたつもりだったのに。 

小学校低学年の頃、同じクラスに少し知的障害のある子がいた。
いつも親が送り迎えしてたのに、その日は母親が病気で来られないとかで 
帰る方向が同じだった私と友人が、一緒に帰ってあげてと担任に頼まれた。 

一緒に帰るのは大変だった。急に走りだすのを追いかけたり、興奮して 
奇声を上げるのをなだめたり、そんなことばかりでうんざりしていた。

続きを読む

このページのトップヘ