一回は一回です。。| 2ch修羅場・復讐まとめ

2ちゃんねるから修羅場・復讐・鬼女・気団・嫌がらせ・キチ・報復・嫁姑・トメ・コトメ・ウト・DQN返し 「ざまぁみろ」と言っちゃう本当にあった復讐劇をお送りします。 読み終わってスッキリする事間違いなし!! 「一回は一回ですから...」 と言う感じのまとめサイトです。

  • Twitter
  • RSS

オカルト・不思議な話

小学六年生

12/07/05
以前、育児版の質問スレで見つけて猛烈に気になったレス。

なんとなく過去ログ見てたら思い出したので貼る。



786:名無しの心子知らず 2012/06/07(木)16:47:29.79ID:Rselcp6gR
1年生の息子の仲良し班で一緒の子(6年生)がとても仲良くしてくれるのはありがたいんだけど、ここ1週間、仲良くしすぎというか、行動がエスカレートしてきて困ってる。

同じ新興住宅街に住んでいて、同じ通りに住んでいる子なんだけど、毎日17時過ぎてから、ピンポーンと来る。

17時過ぎたら遊べないのよーと言っても「はい」と言って、玄関前からはいなくなるんだけど、2階の窓から家の中を覗いているのでちょっと困る。
 
続きを読む

深淵

15/05/15
この間、同じ職場のEさんという人が退職していったんです。

彼女は30代後半。色白で華奢でとても綺麗な人でした。彼女は私と仕事をしている間に一回離婚して、そしてその数ヶ月後に違う男性と再婚をしました。

私はすごく親しくしていたわけじゃないんですが、彼女が退職する時、昼休みにちょっと呼び止めて。

「そういえば、どうして突然退職することにしたの?再婚した旦那さんが転勤とか?」

「ううん、旦那は転勤はないの。自営業だから…」

「あ、もしかして赤ちゃん?おめでた!?」

そうだったら、すぐにお祝いを言おうと明るく言ったのですが。すると彼女の顔がとたんに曇りました。

続きを読む

夢見る少女

11/07/27
僕が中学校に上がりたての頃、向かいの家に1コ下の幼なじみがいたんだ。

いわゆる不思議ちゃん系の娘で、いつかは魔法使いになって空を飛びたい、なんて言う可愛い思考を持ってた。

時々魔法のつえと称して、木の枝の出っ張った部分をカッターで切り落としてハリーポッターの杖とか作ってたっけ。

続きを読む

蛇神様

15/09/03
軽い昔話で埋めます。

田舎の実家が農家で、中庭に鶏舎があって、家で使う卵を採っていた。
ある日、鶏舎から鶏のバタバタいう羽音と、コケーッ、キーッという悲鳴が聞こえてきた。
なんだなんだと行ってみると、大きなアオダイショウ(蛇)が鶏の一羽に巻きついている。
他の鶏が逃げ惑って大騒ぎしていたのだった。

続きを読む

走り去る車

12/09/01
もう5年くらい前の話。

友人と飲みに出て、家に帰ったのは12時過ぎ。翌日も仕事なのでそのままいつものようにベッドに寝た。

どのくらいの時間がたったのかわからないが、突然自分が寝ている部屋に誰かが入ってきた。

「おい、行くぞ」

今考えると不思議だが、その人にそう言われると

(ああ、行かなきゃ)

と思い、なぜかベッドの上のかけ布団をたたんで部屋の隅に置いた。ちなみに今までそのような動作はしたことがない。

続きを読む

壁にかける絵画

09/04/30
風景写真を撮りながら一人旅をするのが趣味の私は、
5年前の今日も北陸地方のある安宿に泊り機材のチェックをしていた。
 
カメラは勿論素人レベルだから、むしろ地元の料理や
景色が堪能できればと心を弾ませていた。 

続きを読む

神隠し

11/07/23
大学卒業して地元に帰ったら消防団に入れられた。

俺は妙な所で引きが強いみたいで、行方不明者捜索とかに出ると
死体の第一発見者になった事がすでに2度(一人は水死体、一人は首吊り)
火災現場でも煙に巻かれて亡くなった子どもとおばあちゃんを発見したり…

学生時代にも後輩がアパートのベランダで首吊ってるのを第一発見したなぁ。
首吊りの遺体を人生で2度も見る事なんてあるんだろうか…

まぁそんな俺が消防団で体験した話。ほんのりというか謎な話。

続きを読む

紅梅

17/02/05
今は受験生を抱えた奥様方も多いかな?

私の高校受験の時、祖母が年明けから持病が悪くなって入院していた。
私は受験を控えているので、お見舞いなど行ったら逆に祖母が心配する。

「まずは合格だけを考えていなさい」

と言われていた。

続きを読む

戦前の病院

09/07/22
おそらく呪いとかそういうたぐいのものになるのか?イマイチ記憶が定かではないんだが…思い出しつつ書いてみようと思う。

続きを読む

救急車

10/03/24
たぶん中学校上がる前くらいの時だったと思う。

この当時から底辺で引きこもりだった私はとくにすることもなく、自宅の二階の自分の部屋でごろごろしていた。

続きを読む

このページのトップヘ