文学少女

971:
名無しさん@おーぷん 2014/12/13(土)10:59:46 ID:B22
母が小説家だったと知った事。

結婚前に小説の新人賞をとってデビュー、2冊ほど本を出したが売れなくて廃業したらしい。

その後、見合いして父と結婚。今は事務員パートで普通のおばさん。
伯母の家に行ったとき母の旧姓+名の本があって初めて知った。

驚いたことに父も知らなかったらしい。



母が言うには

「売れなかったし、恥ずかしいから。もう絶版だし言うほどのことでもないでしょ

私はすげーと思ったが亭主関白タイプの父は『母に受賞歴があった』事にプライドが傷ついたらしく、以後モラハラ父になってしまった。

何かというと

「作家先生は違うね」

だの

「小説家のセンセイなら何とかできるだろ」

と、チクチクイヤミ&すべてを母に丸投げするようになり

「ああ、だから母は黙ってたんだな」

と納得した。

結局、『一族の大岡越前』こと曾祖母が父に

「おまえ、ひがむな」

と一喝するまで、くだらないモラハラは続いた。

半年くらい家の居心地が悪くて最悪だった。


972: 名無しさん@おーぷん 2014/12/13(土)12:23:32 ID:zra
>>971
なに、その屑親父。


973: 名無しさん@おーぷん 2014/12/13(土)12:23:32 ID:zra
>>971
なに、その屑親父。


974: 名無しさん@おーぷん 2014/12/13(土)13:43:09 ID:99G
大事なことだから2回(ry

>>971
たとえ売れなくてもスゲーな
公募が趣味の俺からしたらおまえのママンは神だわ


975: 名無しさん@おーぷん 2014/12/13(土)16:59:23 ID:q9v
でも反対に、
「僕の妻は昔、物書きでしてね、これがその本なんですが読みます?あー、でも返してくださいよ。これ、1冊しかない僕の宝物ですから」
なんて嬉しそうに近所にふれ回る親父も嫌だな。


今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その4