異質

590:
本当にあった怖い名無し 2015/06/29(月) 09:07:45.21 ID:3s2pBP4t0
とあるニコ生の生放送主が実は高校の頃の同級生。

こいつはどういうやつだったかというと、何でもかんでも曲解して怒鳴りはじめ、相手にケンカをうってから手を出させようとする奴。

上手いこと手をださせたら速攻保健室か教員室に駆け込んで教師に助けを求め、その後ろに隠れながら退学おめでとうとか煽るタイプだった。

例外的に自分から手を出すのはいつも弱者だった。

俺自身が関わった2つだけは詳細知ってるので書く。



俺の級友のAがサッカー部の練習中に足を骨折したとき、この現生放送主がやたら嬉々としながら心にも思っていなさそうないたわりの言葉をかけにやってきた。

それまで俺たちのグループは、はっきり言ってこいつが異常だと思っていたんで、朝のあいさつすらはぶいて距離を置いてたが、Aはちょっと警戒心ないやつで案外いいやつだったな、とか悪いことしたとか言っていた。

そんなAの仲介もあって俺たちもあいつと交流をもつようになった。ところが数日してチクチクと刺すように心ない言葉を浴びせはじめた。

周りが何かおかしな空気を感じてたら、案の定業を煮やしたように自分からAにケンカを売りにいった。

さすがのAも本物のおかしい奴だと気づいて無視を徹底していたけど、甲斐甲斐しくAの世話してた彼女を

「そのメスブタに与えた餌は何だ?下半身で餌やってるのか」

と罵られたことで激怒して抗議した。そうしたら唐突に前蹴りでAを転ばせて松葉杖を取り上げ

「凶器を押収しました。正当防衛です」

とか高らかに宣言しながら片腕の松葉づえだけでどうにか立ち上がったAに

「返せよ」

と怒鳴られると、わざわざ対角線上に下り階段がある位置取りに陣取りなおしてから、その取り上げた松葉杖で階段めがけて突いて突き落とそうとした。

あんまりな事に凍り付いていたが、いざ突き落されそうになった時には動いて止めに入れた。

もちろんあいつは停学になったが、停学中も出席してきてた。

「凶器を持っておどされたら立派な傷害罪だ。正当防衛を主張する」

と教師にくってかかったし、その両親もかわいそうなうちの子を何てひどい目にあわせるの、みたいな状態で全く反省するそぶりはなかった。

Aを助けた事で褒められた時に感じていた混沌とした感情は生涯忘れられそうもない。

俺は途中まで心底おびえきっていて身動きもできなかったし、たまたまその時動けただけだった。

Aを大事な友達だと思っていたらもっと早く動けたはずだろうと、今でも自分を責める声が聞こえる事がある。

その次のときは俺が被害者になった。

文化祭の準備で大きなプロジェクタを両手で抱えて階段を上ってる時だった。

最上段にみえたあいつが、俺が両手がふさがってるのを確認してから、たぶん他に誰もいないことを確認するために周りを見渡して、ニヤッと笑いながら衝突コースでおりてきた。

その後はご想像の通り。

あの当時のでっかくて重いプロジェクタを抱えたまま仰向けに突き倒されたせいで、生死の境こそさまよわなかったが、あばらは折れるわ内臓にダメージがあるわでかなりのもの。

結局この時もあいつの停学は無視されて出席し、Aがあいつを追っかけまわすのにビビって不登校になるまでそれは続いたらしい。

尚、病室に現れたあいつの両親は、おまえが1人ですっころんだのを介抱したうちの息子を悪者にするとは何事だとまくしたてて、手を焼いた病院が警察を呼ぶまでの間に何度も俺の手をとって持参してた偽証をうちあける内容の手紙に俺の拇印を押させた。

もちろんかけつけてきた警官が取り上げてくれた。

院内感染の原因だとかなんだとかいわれても同室に患者がいるっていいよな。抵抗する俺の指を脱臼させてまで無理やりおさせた事を、みんな証言してくれた。

あいつが起こした暴力事件はほかに4件あって、いずれも被害者が抵抗できないタイミングを狙って犯行に及んだそうだけど、また聞きだったりするんで事実かどうかは不明。

確かなことは、あの当時あの学校にいたやつらは人を害するのを楽しむ奴が同じ学校にいるってことにおびえきっていた。

特に俺が事故と称して殺されかけてからは、学校側があわてて導入した監視カメラのある場所が人気スポットになってた。

みんな息を潜めて被害者にならないようにするのが精いっぱいだったよ。

今のあいつは生活保護を受けているらしいと知って、まじめに生きてるのが馬鹿らしく思えそうになったことを反省したい。

いまだにあいつの凶悪性におびえきっていて、面と向かって批判も名前を出すこともできない自分にあきれ返る気持ちもあって複雑だ。

毎日パソコンの前で自分をリスペクトする狂人候補生たちの前で悦に入って、年喰った分さらに自分を隠すのがうまくなったらしい。

法律で武装して合法的に他人に迷惑をかける放送をするの楽しみながら、この世の春を謳歌している奴に比べて、俺はなんてことになってるんだろうな。

やっぱ書くんじゃなかった、ENTER押すのがきつい。

でもたぶん俺も今病気だ。生存本能によって芽生えた服従心ってやつなんだろうと思う。

会社の外ではええかっこしいの内弁慶暴力社長に言われるがままに馬車馬のように働いて、

未払い賃金を踏み倒したい社長に残業がなかったとする宣誓書に判を押すように言われても逆らえず、

就業中にいきなり蹴り飛ばされて顔面を機械にぶつけてケガさせられても、被害者が警備会社の人間に証拠のテープを消すように言えばそうするだろうと言われてもそのようにし、

1日平均16時間働いてるのに5時間や4時間しか働いてないことにされるのがしばしばあっても12年間も必死になって会社を支えてきた。

そうして低賃金にした労働者の分を役員報酬とかいって、ぶんどったりするのも見過ごしてきた。

落ち目のホステスを秘書にして社内でヤってるような糞野郎を見ていても怒りをひたすら抑えに抑えた。

これを読んでもらえたなら、俺はほんのちょっと戦う男にクラスチェンジして今日の面接に行ける。

書き込めた。
ほんと長かった。

ここまでいったからには正直に話そう。正直に言うと一番怖かったのはやらなきゃやられるって意識があの時芽生えたことだ。

もう一度何かしかけられたら、その時は構わずに反撃して、それであいつがどうなっても俺が生きていけるならいいとさえ思っていた。

幸いにして二度目がなかったけど、あったらどうなってたことか。

高校を卒業してやっと落ち着きを取り戻してから無理をしてるって自覚があっても、弱い男だとなじられても、怒りを抑えて生きてきたのは本当はこういうことだ。

狂人に関わると自分が壊されるぞ。
逃げろ。


594: 本当にあった怖い名無し 2015/06/29(月) 09:41:05.11 ID:MtOMhJh+0
うわぁ…青春真っ盛りの一番いい時期をそんなヤバイ奴と同じ学校で過ごさなきゃならなかったなんてツラすぎる。

学校もそんなに事件が起きてるんだから早く退学にしろよって感じだよね。


598: 本当にあった怖い名無し 2015/06/29(月) 10:42:39.26 ID:sCPk8rt/0
親がモンペだったり、叱らないしつけで育てられたら、そういう人間になるんだろうな

そのニコ生主ほどじゃないが、年中他人にケンカ売ってニヤニヤしてる奴なら履いて捨てるほどいる



601: 本当にあった怖い名無し 2015/06/29(月) 13:36:08.05 ID:IvaTn3thO
幽霊より生きた人間、サイコパス気質の方が怖いって話だね

お疲れさま、あなたのこれからの人生に幸あれ


ほんのりと怖い話スレ その109