17/01/02
新年早々、両親の馴れ初めを聞いてしまった。
この気持ちをどこかで吐き出したい!

大卒父が勤めてた会社に事務員として高卒母が入社。

27にもなって女っ気無しのもっさりで存在感の薄い父を
同僚や上司が母の目の前で

「母山さんとお似合いだ」

だの

「父川はいい男だよ!」

だのとけしかけて、父を勘違い男に仕立て上げてしまった。

母もささやかには抵抗したけど、高卒で男女経験もない小娘の言う事なんて
誰も受け入れてくれずでとても辛かったと。

時間が合えば最寄り駅までずっと後ろをついて来て
自分だけ途中の喫茶店に寄ろうとして、着いてこない母をじっと見るというのを
数か月も続けられてしまってた。



ある日突然、もう仕事を辞めてもいい!と腹を括った母が
父を振り返って文句を言おうとしたら、父が

「僕らこれで付き合ってるって言えるんでしょうかね」

とベソかいて問いかけて来たと。

母は大いに焦り、同時に激怒して

「何も言ってくれないのに付き合えないでしょ!」

と誤返答。(母談)

すると父が泣きながら

「大好きです!付き合ってください!」

とお辞儀。母は

「最初から言えばいいのに!喫茶店行きたいのに!」

とまた誤返答。(母談)

涙目で嬉しそうにコーヒーを飲む父を見つつ、ホットケーキを食べてた母は

「この人と結婚するんだろうなぁ」

と、しみじみと思ったと。

余談として、手を繋ぐのもキスをするのも母が半ギレで促したことが
母にとって未だに悔しい事らしく、生きてる間に言うのも恥ずかしかったとかで
思い出すたびに仏壇に向かって怒ってるんだってさ。
まぁ女としてはちょっと気持ちは分かる。

ちなみにこの馴れ初めの話、父が言ってたのは

「母さんが可愛くて可愛くて仕方ないから口説きまくったんだ」

なのよね。


9 :名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:46:28 ID:as6
何を書いても構いませんので@生活板 38