10/05/05
どこに書くか迷ったけど、同人サイト通じて知り合ったのでとりあえずここに投下。 

私のサイトのお絵描きチャットで知り合ったA。 
萌えも合うしカプも一緒だしすぐに仲良くなった。

しかし日を追うごとに、会話の端々に自慢が入るようになる。
 
「駅からバイト先まで行くまでに3回ナンパされた。ウゼェー」

とか

「高校生の時、友達の好きな子が私のこと好きだったみたいで、
その友達にいじめられて、軽く女性恐怖症になった」

とか 

「<好きキャラ>にそっくりな人に告られたんだけど、
どんな人かよくわからなかったから断った 。
その人がストーカー化してきて怖い」

とか主にそんな感じの、モテてモテて困っちゃう自慢。 
喪な私からしたら羨ましすぎるシチュエーションの数々www  

聞いてもいないのに、そういう話をペラペラし続けるAに対して
うへを感じつつも、他は話してて面白い姉ちゃんって感じで
特に害があったわけではないので、自慢に関しては

「そうなんだ、すごいね」

で流してた。


話は少し変わり、友人Bのサイトには簡易チャットみたいなのが
設置してあり、私もAもそれによく参加していた。 

A、B、私のメンバーでチャットしてる際、Cという初めて見る名前の人が入室してきた。
 
「はじめまして、こんばんは」

と挨拶する一同に対し
 
Cは挨拶もなしに、いきなり

「おねえちゃん久しぶり♪」

と発言。


 
以下チャットでの会話↓
 
A「・・・? 誰ですか?」
 
B「お姉ちゃん?」

C「花子(仮名)お姉ちゃん♪」
(実際は違う名前だけど、この場は花子と表記) 

A「ちょwなんで私の本名知ってるの?w」

私「え?w」

B「??」

A「Cさんもしかして・・・」
 
A「た・・ろう?(仮名)」

A「生き別れの双子の弟の太郎でしょ!?」

私(うわ、説明乙w) 

C「正解☆チャット閲覧してたら喋り方とかが小学生の頃の
お姉ちゃんソックリだからもしかしてって思って」

A「ほんと小学生以来だね!元気してた?
お姉ちゃん感動で目から汗が出そう、てか出てるw」

C「お姉ちゃんは小学生の頃から絶世の美女で色気があったから、
今もすごく綺麗なんだろうなぁ」

A「そんなことないって。太郎こそ女の子みたいに綺麗で、
男の子からよく襲われそうになってたじゃんw」

A「今どこに住んでるの?」

C「○○県の○○に住んでるよ」

A「結構近い!今度会おうよ~」

正直その光景を見てドン引き。 

何?よく襲われそうになった?この子達の周囲は***魔予備軍がたくさんいるわけ? 

CってAの自演・・・だよね?なんつーか、やるならもうちょっと
うまくやってっ!!って感じだった。
 
Bもきっと引いてるだろうなぁと思いメールボックスを開けてみると、
やっぱりといいますかBからメールがきていました。 

「管理者画面から見たんだだけど、AとCさんって人ID一緒なんだよねwww」
 
なんとなくわかってはいたけど、やっぱり自作自演でした。

B「注意したいけど、していいのかわからない。」

「とりあえず本名とか個人情報絡む話はここではしないで下さいでいいんじゃ?
てか私言おうか?」

とメールでやりとりしてる内にBとCはそれぞれ用事を思い出し落ちてしまいました。 

私は、自作自演までして自分の容姿を自慢しようとするAが
本気で気持ち悪いと思い、心なしか距離を置き始めてたと思う。

後日またBのサイトのチャットにAとCが二人仲良く現れた。 
ちなみにその時は私やBの他にも2名ほど人が居た。
 
「実はこないだ二人で会ったんです。」

「お姉ちゃんやっぱりめちゃくちゃ綺麗になってた」

とか言い出して、そっから自演姉弟の過去の辛かった話や、
褒めあい合戦になったんで、Cを知らない人達は

「オフ会したの?」

「姉妹なの?」

「Cさん男性なの?」

「え?生き別れ!?」

ってなってた。 

B「Cさん、ここ一応女性向けBLサイトなんだけど、
男性のCさんはそういうの興味あるの?」

と切り出し
 
C「興味無いし、好きではないですけど、一応理解はしてますよ。
BL好きな人を悪いとか思ったことないし・・・」

B「いや、ここ興味ある人同士が集まって語り合う為のチャットだから。
興味ない人に来られてもちと困る」

B「悪いけど、連絡先知ってるならそっちでやってくれないかな?
ここはあなた達の過去を語る場所じゃないんだ」

無言で落ちるC。

A「Bちゃんごめんなさい。私は来るなって言ったんだけどCが・・・」

A「Cには私から注意しときます」

B「あとA。前から言おうと思ってたんだけど、あんたら姉弟、
奇跡の再開した時からID一緒だったよ」

その後Aはいろいろ苦しい言い訳してたけど、ずっとBのターン。
Cと同様無言で落ちていきました。

その後Aとの連絡はぷっつり途絶えサイトも閉鎖。
私たちの前に現れることはありませんでした。 


86: 友やめ ID:5Lpvc2c7m0
同人友達をやめるとき@63