手紙

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その22
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1524481841/

995: 一回は一回です。。 2018/07/31(火)18:11:57 ID:a36
祖父の形見分けをしていたら未投函のラブレターを続々と見つけてしまった時。

祖父は享年79で、心臓まひでぽっくり亡くなった。祖母はすでに他界。
ラブレターを書いたのは祖父で、あて先は伯父の奥さん。祖父からしてみたら長男の嫁。



祖父は生前すごく長男の嫁さんを嫌っていて

「あれは男癖が悪い。俺にはわかる」

だの

「陰で何をしているかわからん女だの」

言っていたからみんな驚いた。

あまりにも祖父が嫁さんを嫌うから、伯父は怒って嫁さんを祖父に近づけないようにしていた。
ラブレターは便箋じゃなくカレンダーの裏側とかメモ用紙に、ボールペンで一発書きみたいなのもあれば、筆ペンで書いた俳句?みたいなのから様々。

形見分けに伯父は来てたけど嫁さんは来てなかったから、これは見なかったことにして内々に処理しましょう…ということでラブレターは全部処分された。
私は読まなかったが母は半分くらい読んだらしい。

文面によると祖父は一目会った時からお嫁さんが好きで、でも息子の嫁だから何かするわけにいかないし

「俺を惑わせ誘惑するきみが憎い(ほんとにこう書いてあったそうな)」

という心境でイビってたらしい…

お嫁さんが伯父に嫁いだのが25のときで、祖父が亡くなったとき58歳だったから20年ほど祖父は片思いしてたことになる。
男性視点から見たら違うのかもしれないけど私にはキモかった。
好きなら優しくすればいいのに、息子が激怒するほどイビっておいてラブレターって…老人のツンデレとか辛い。


996: 一回は一回です。。 2018/07/31(火)18:14:09 ID:a36
違った58歳じゃなくて51歳。ごめん伯母さん


997: 一回は一回です。。 2018/07/31(火)18:49:45 ID:Jby
>>995
悪口は自己紹介(異性にだらしない)か酸っぱい葡萄か、単なる小学50年生だったのか…
なんとも言いがたいけど、身内の人が一番キツいね
お疲れ様でした


998: 一回は一回です。。 2018/07/31(火)19:00:37 ID:DfA
>>995
何年前なのか分からないけど、79歳だったら男様と持ち上げられ、かしずかれるのが当然じゃないかな。
でもそれで伯父嫁さんが疎遠になったんだから良かったよ。夫の父親だし、優しくされてたら警戒心が薄れるもの。うん、良かった良かった。