13/08/26
20年位前の話。 

祖父が極寒の玄関で倒れて死んでいるのを祖母が発見して
救急車を呼ぶ→ICUに搬送されたが凍死との判断。
 
心肺停止の患者が運ばれてきたので、祖父はICUの片隅で寝かされていた。
(処置は全裸になる事もあるので暖かい)

病院から呼ばれた家族が祖父に抱き着いて

「じいちゃん!」

と号泣していたら

動き出した。
 
皆、恐ろしすぎて発狂しそうになるけど
とりあえずなんか措置されて後遺症一つなく退院→数年後に死亡(大往生) 



娘が、祖父が昔はこばれた病院(県内で一番大きな救命救急センター持ち)の付属の
看護学校みたいな所に入った時に、救急蘇生の担当がその先生だったらしく
祖父(子どもにとっては曾祖父)の件が授業でとりあげられた。 

「いや…あれは僕も若かったから…死後硬直が始まっていて、瞳孔も開いた事を確かに確認したんだけど… 
思い込みが一番怖いから皆さん気を付けてください」
 
と言われたらしい。 

何がこの中で最大の修羅場かよくわからないけど

「生き返って!」

と号泣しても、本当に生き返ったら怖い事がわかった瞬間が
最大の修羅場だったかもしれない。

冷えた。


133: 名無しさん@HOME 2013/08/26(月) 10:59:26.11 0
>>132 
お爺さん、よく蘇生されましたね。その後大往生とは本当によかったですね。 
娘さんが看護の道に進まれ、件が授業で取り上げられ、
担当された先生にも再会、、と、まあ~ 
人のご縁がいいように繋がっていますね。


今までにあった最大の修羅場 £91 

関連記事↓
 医者『ご臨終です』家族『じーちゃん...』→ 次の瞬間、???『根性の勝ちや!』