水辺

【※不思議な話(怖くはありません)】

359: 本当にあった怖い名無し 2008/08/20(水) 16:18:38 ID:/J+/o+AV0
小学5年のころ、隣のクラスに関西からの転校生S君がきた。

あるとき昼休みに、体育館の片隅でS君がクラスの野球部数名に小突かれたりしてイジメられているのを発見した。

俺は当時、身体が学年でいちばんでかく、空手もやっていたので

「おまえら何やってんだ、やめろばかやろー」

みたく割って入った。

野球部の連中は

「遊んでるだけだよ~邪魔すんなよ~」

と言ったがなんだか無性にムカついて、蹴りを食らわせてやった。

すると野球部の連中はS君を置いて逃げていった。

そんでS君とちょっとだけ会話をして、そのときは終わった。



数週間後、帰宅時にうちの近所でS君とばったり会った。

「こないだはありがとう。俺、転校してきてからとにかくイジメられんねんけど、こないだ助けてくれたおかげで、あれからはただ無視されるだけになってん。

俺としてはそっちのほうがええから、ほんま助かった。うちのマンションすぐそこやから、寄ってってや」

みたいなことを言われて、マンションへ上げてもらった。

上がるとお母さんが、

「あんた友達できたの、よかったわ~」

なんて喜んで、俺にいろいろ話しかけてきた。

結局それがきっかけでお互いの家を行き来するようになり、よく遊ぶようになった。6年になっても変わらなかった。

釣りを教わったり、チャリで遠出したり、楽しかった。

6年の夏休み少し前に、S君から

「また転校するんやけど」

と言われた。

お父さんが金融の仕事してるんで転勤が多いらしい。がっくりしたけど、夏休みに最後、また釣りに行くことに決めた。

釣りの日の数日前、S君が晩飯時に突然、我が家に来た。

「実は、釣りの日に離れることになってしまって、だからあいさつに来たんよ。釣り行けなくてごめんな」

と。

わざわざ、プレゼントまでもってきてくれた。会うのはそれが最後になってしまった。

釣りはちゃんと準備してたから、当日は俺1人で遠出して行った。でも1人でやっててもなんだかつまらなくて、

「今ごろ、新幹線乗ってるのか」

なんて考えてた。

腹減ってきて持参のおにぎり食べてるときにふと気づくと、横におっさんがしゃがんでいる。目が合うと、

「ほんまありがとな」

と言われた。ボソっと。

俺はもちろん、誰だこの人?と思ってためらった。

次の瞬間に強い日差しがバーっと正面から来たので、俺は手で顔を覆った。ふと目を戻すとおっさんはいなかった。

見渡してもおっさんはいなかった。誰もいなかった。走ってそのへんを見たんだけど、俺しかいなかった。

家に帰ってそのことを話すと、父に

「1人で釣りなんか行くからだ。へんなヤツ多いんだよ最近」

とか言われて、1人釣り禁止になってしまった。

それまではS君としか釣りには行ってなかったので、以降、釣りは一切やらなくなってしまった。

ただ、とても不思議に感じたので(わずか数秒だけど)、そのおっさんの顔はちゃんと覚えていた。

それから20年後。去年のこと。某サイトで、会員制の同窓会サイトがあることを初めて知った。

登録して見てたら、S君が

「1年ほどしかいなかったけど僕のことを覚えている方いらっしゃいますか」

みたいな感じで堂々と掲載していた。驚いた。

それで俺からコンタクトを取ってみると、すんなり返信がきた。

お互いにとても喜び、たまにメールでやりとりするようになった。S君、自分で会社を立ち上げ、頑張っているそうでなにより。

ある日、うちの地元のお祭りがあり、写真を撮った。それをS君にメール添付で送ってあげた。(俺は母と同行したもんで、祭りをバックで2人を撮った写真)

数日後、S君から返信が来た。写真添付あり。妻子と、だいぶハゲ上がったS君。相変わらずメガネ。

文章には、

「柴ちゃん(俺)はまだ若いね。うらやましい。俺は遺伝が早くも来ました、若ハゲです。驚きでしょ?苦労も多いので、これからどんどん進行するでしょう」

と。

俺は「いやー、キテるねー」なんて思って笑いながら見てたんだけど、「あ!あのおっさんに似てる」と思った。あのおっさんもメガネだった。

それで何とも言えない気持ちなり、S君に当時のことをメールした。

どういう返事が来るかと待っていたんだけど。ちゃんと来た。

「最後、釣りに行けなかったのは覚えてます。

あれからうちの父が出世して転勤がなくなったので、あれが最後の転校だったから、ちゃんと覚えてる。離れるときに新幹線の中で泣きっぱなしでした。

柴ちゃんが見たおっさんは、なんだろうね。

会社を立ち上げるときに著名な人に相談したんです。霊視もできる人だそうで、起業支援者に誘われて行ってみたら、

『あなたのことを、あなたにそっくりなひいおじいさんが日々守ってくれています。生まれたときからです。だから墓参りなどはちゃんとしてあげてください』

みたいなことを言われたんだけど。そのひいじいさんかな?柴ちゃんは俺のこと守ってくれたから感謝したのかもね。

ちなみに小さいころに風呂場でそれらしき人を俺が見たことがあるらしく(俺は覚えてない)うちで話題になったって聞いた」

と。

そんなこんなで、俺が川で会ったのはたぶんそのひいおじいさんかとは思うんだけど。

霊体は水がある付近でよく出るというのを聞くけど、そういうことなんでしょうか。


引用元:https://gimpo.5ch.net/test/read.cgi/occult/1216822187/

関連記事↓
 【切ないオカルト】神風特攻隊で戦タヒした兄からの手紙「妹よ。兄ちゃんが天国に行けるように祈ってくれ。妹よ。美しくあれ...」