行方不明

11/05/18
30年以上前の話です。場所は東京近郊。とても怖くて悲しい思い出です。

私は小学生低学年、近所の悪がき仲間と探検ごっこをしていました。私と従弟、隣の悪がき、近所の悪がきの4人であちこち行きました。

まだ埋められていない防空壕の後や、川原の茂み、大きな公園の奥の森の中。子供の私たちには広大な未知の空間で、まさに冒険でした。



公園のそばに古い民家があり、わりと大きい屋敷でした。夏休みにそこを探検しようと言う事になりましたが、その時隣の子は家族旅行で不在、3人でした。

門はクサリで閉じられ、立ち入り禁止と書かれており、生け垣のすき間からもぐりこみました。

生け垣で囲われた庭は背丈を超える雑草で覆われ、うっそうとした感じ。建物は一部が崩壊していて、朽ち果てる寸前でした。

家の周囲を一回りすると雨戸が外れている場所があり、そこから中へ入りました。

かび臭い室内、腐った畳はぶかぶかで底が抜けそう、ゴミも散乱してました。タンスがあったので何気なく開けて見たりしていると、奥の部屋からなにやら物音が。

ふすまを開けると中年の女性が座っていました。女性は汚れきったグレーの浴衣姿で、恐ろしい顔でこちらを見ていました。

敷かれた布団の上に座って青白い顔で見ています、私はなぜか殺されると思いました。

私たちは

「スイマセン!」

と叫んであわてて逃走しました。

表へ出るとそとは真っ暗、私たちは一目散にうちへ帰りました。

不思議な事に、探検に出たのは昼飯のすぐ後、探検していたのはせいぜい10分くらい。ところが家に帰ると夜8時を回っていました。たっぷり叱られました。

しばらくすると近所の子のお母さんが来て、子供が行方不明だと話しているのです。

私と従弟が事情を話すと、親たちは廃墟へ捜しに行きました。その廃墟には誰もおらず、その子も見つからないまま翌日になりました。

朝になり警官がうちへ来て、いろいろ事情を聞かれたりしました。

その日の午後、公園の池に沈んでいるのが発見されました。夏休みが終わるころ、廃墟は取り壊されました。