空襲

788:
おさかなくわえた名無しさん 2008/04/25(金) 00:04:55 ID:3bOUi1Zf
自分が体験した訳じゃないけど、昔、教師がこんな事を話してた。

その教師の叔父は戦時中大阪に住んでいて、ある日、空襲が来たらしい。 
気づけば周りは火の海で、近所の人達は一目散に火の小さい所へと逃げていたそうだ。
 
子供と妻も、同じく逃げようとしていたのだけれど、その人は

「布団を取ってこい!」

と家族に叫んで取って来させた。



それを風呂に溜まってた水に浸して、体中をびしょびしょにさせるよう促した。 
そして、風上に向かって、4人全員で激しく燃えている炎に突っ込んでいった。 

気づけば、自分達以外は、みんな焼け死んでいたそうだ。 

「小さい炎は今から燃える、大きい炎はすぐ燃え尽きる」

ということをとっさに判断して、そういう行動をとったらしい。 
風の向きまで考慮して。 

もし自分が彼の子供だったら、衝撃的だろうな。 
なんせ周りは皆火の無い方へと逃げてんのに、自分たちは燃え盛る炎につっこめ、ってんだから。


791: おさかなくわえた名無しさん 2008/04/25(金) 00:38:20 ID:qtIjOsAD
>>788は武勇伝だな~。


789: おさかなくわえた名無しさん 2008/04/25(金) 00:17:20 ID:kXWwWJZe
どういう人物がリーダーになるかでその集団の命運は分かれるね。 
くろくら川(字シラネ)の時にもそうおもた。 

それとは関係ないが、風呂の水は抜かないでギリまで溜めておいたほうがいい。 
火事になったとき使うんだ。 


794: おさかなくわえた名無しさん 2008/04/25(金) 01:57:18 ID:OXJzCqxR
>>789 
我が家でもそう思って風呂の水を抜かないでおいたんだが、ある日、認知症の祖母が椅子と間違えて風呂に座ろうとして溺れたので、それ以降は水は貯めないようにしている。


800: おさかなくわえた名無しさん 2008/04/25(金) 12:19:23 ID:8SoNL/6w
>>789 
>それとは関係ないが、風呂の水は抜かないでギリまで溜めておいたほうがいい。火事になったとき使うんだ。 

そのような習慣があるため、諸外国とくらべ、日本では幼児の家庭での水死事故が突出して多い。 


802: おさかなくわえた名無しさん 2008/04/25(金) 12:35:10 ID:HS51hDCa
阪神大震災のとき、風呂にお湯を残してるかどうかで火事を防げたかどうかがわかれたよ。 
最初火が出たときにせめてバケツ1杯の水があったら消せたのに、水道がストップしてたのでその程度の水がなかったんよ。 
その間に火が大きくなってしまった。 
だからうちではいまだに風呂のお湯ながすのは次のお湯はるときってことになった。


805: おさかなくわえた名無しさん 2008/04/25(金) 13:02:42 ID:ooM9kHud
>>802 
リアリティは感じるけど、消火器の立場は…


807: おさかなくわえた名無しさん 2008/04/25(金) 14:48:45 ID:yvOHaZFm
>>805 
消火だけじゃなくて、断水した後トイレを流すためにも風呂の水は有用だったよ。 
1回流すのにバケツ1杯は必要。


803: おさかなくわえた名無しさん 2008/04/25(金) 12:43:37 ID:/iKYwahC
外国はバスタブのない家も少なくないと聞く。 
おまけに石造りの家も多い。 

地震と木造建築の多い日本の知恵だと思う>風呂の水


引用元:https://life8.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1206281890/

関連記事↓