ありがとう

15/09/28
独身で1人暮らししてた頃、たまに行くスナックがあった。

50代後半のママさんが1人でやってらして、お腹が空くと鍋焼きうどん出してくれるような暖かな昭和の香りがするお店。

当時、私は旅行業に勤めてたのでママさんがお盆にお墓参りにいく旅行の手配とかもしてた。

お盆明けにお店に寄ったら、宿泊したホテルで異音がしたけど何かいたのかな~って言ってたので、ご先祖様が喜んで出てきたんじゃね?なんて笑ってたの。



で、10月の終わりごろにいつもの友達とはしごして、深夜に近い時間にその店に行ったんだ。

その日は先客にカップルが一組だけで過疎ってるなと思いながら飲んでた。

私はL字型のカウンターの左端の角近くに座ってて右横に友達、少し空けてその隣がカップルって配置。

ママさんはカウンターの中ね。

しばらくしてカップルの男性がカラオケで歌い始めた時、左斜め前におばちゃんが座ってるのに気付いた。

年配の方なんだけど、ニコニコしながら手拍子足拍子、全身でリズム取りながら盛り上がってる。

色白でぽっちゃり体型、小柄なのでカウンターの高い椅子に座ってると、もうドラミちゃんがジタバタしてるようにしか見えなくて、すごく可愛かった。

目があったので笑って会釈したら満面の笑顔で何度も会釈してくれた。歌が終わってからも、ずっとママさんを見てニコニコ。

しばらくして店の裏口のドアが開いて閉じる音がしておばちゃんはいなくなってた。大きな音がしたので

「今の何!?何でドアが勝手に!?」

ってみんなが騒ぎだしたので(ママさんいつも裏口は施錠してる)

「さっきまでここに座ってたお客さんが帰ったんじゃない?」

って言ったらさらに騒然となった。

どうやら誰もドラミちゃんを見てなかったようで...

最初は信じてもらえなかったんだけど、おばちゃんの服装や体型、人相や年のころなどをことこまかに説明したら、(ドラミちゃんとは言えなかったが)ママさんが泣きそうになって

「可愛がってくれた叔母さんにそっくり、今年やっとお墓参りに行けたんだよ」

って。

きっとママさんが心配で、お店の様子を見に来たんだねって、みんなでほっこりした。

終わりです。
見て下さっててありがとう。