大震災

13/01/24
兄から遺書を渡されたこと。


私の家は父が私が出生してすぐに離婚し、旧姓に戻った母親と
その父である祖父・祖母・兄と私で暮らしてきた。
旧軍人の祖父と祖母は商売をしていて、母もその手伝いで私と兄を大事に育ててくれた。

おかげで私も兄も成長し、兄が自衛官・私は大学生になっていた2011年、 
あの東日本大震災に兄が災害出動することになった。

出動前に兄が自宅に戻ってきて祖父・祖母・母と私と食事をすることができた。
兄はいつもの調子で冗談を飛ばし、直接の被害がなかったとは言え
沈んでいた私たちを笑わせてくれた。

だが深夜になって、私と祖父を呼んでこう切り出した。

「今回の出動では地震津波被害の他にも原発への救援もある。だから万が一にも無事に戻っては来れないと思う。どうか自分がいなくなったあとも、家族をお願いします」

と、祖父と私に遺書を渡してきた。



私は兄が死にに行くんだと思って取り乱して泣いて嫌がった。
祖父はそんな私を諌めて兄の遺書を粛々と受け取った。

改めて兄に向き直り、 

「国家危急の時、○○家嫡男として国民の為に尽くし、決して生還を諦めずに戦いなさい」

と、兄に激励の言葉を送った。

翌朝まだ日が明けぬ内に兄を見送った。
祖父と兄が互いに敬礼し、昨夜の遺書もあって、いやがおうにも
非常事態ということを認識させられた私の心は修羅場だった。


無事に活動を終え、戻ってきた兄に抱きついて
わあわあ泣いたのをご近所中に見られて恥ずかしかったと、
兄があの時を振り返って嬉しそうに言ったので書いてみました。

失礼しました。


77: 彼氏いない歴774年 2013/01/24(木) 19:25:03.19 ID:5QQHS5j7
>>76 
何と言うスペクタクルロマン! 
お兄さんが無事で良かったねえ(;Д;) 
お祖父様の言葉も元軍人だけあって荘厳で痺れる…。 
良い家族だなあ。


78: 彼氏いない歴774年 2013/01/24(木) 19:35:04.32 ID:LlB/6XW3
なんか目から汁が出る お兄さんに本当にお疲れ様でした、とお伝えください


90: 彼氏いない歴774年 2013/01/24(木) 22:02:53.89 ID:K8J74dBe
あんまりいい話に見えないのは自分だけ?創作でなけどもね。


94: 彼氏いない歴774年 2013/01/24(木) 23:02:42.75 ID:WpQwaOTr
自分も… 
自衛隊の人たちが頑張ってくれたのはわかってるけど、戦争行くみたいに 
被災地はそこまで危険地帯と思われたのかともやもやした


95: 彼氏いない歴774年 2013/01/24(木) 23:18:59.87 ID:VTem6/4a
同じく 
災害時出動を戦いって… 
なんか3人ともロマンチスト過ぎてそれぞれ自分に酔ってる感じがした


97: 彼氏いない歴774年 2013/01/24(木) 23:27:13.82 ID:P4foeNoY
実際危険地帯でしょ… 
じゃなかったら住人が避難する必要はないと思う 
民間人が避難、自衛隊が活動、どう考えても安全地帯ではない


まさか自分の身に起こるとは思わなかった事21 

関連記事↓
 震災の時、自衛隊員「俺だって...俺だってなぁ!!」被災者「・・・」他の隊員「やめろ!何言ってるんだ!!」