プリン脳

17/01/10
自分に腹違いの妹がいたことを最近知ったのが衝撃的だった。

中学の時に両親が離婚したんだが、浮気相手が妊娠したのが原因だったみたい。
父は離婚してすぐに再婚して、その数年後に癌で死んでた。

私の方は母の実家が割と裕福だったから、兄と共に大学も行かせて貰えたし
祖父の伝手で安定企業に就職もできた。

不倫相手の女の方は、せっかく結婚までこぎつけたのに父がすぐ病気になって
殆ど働けなかったらしくて、生活苦が続いてるらしい。

父が死んだことはずっとうちの家族には知らされてなくて
だから兄も私も離婚以来、父と会った事はなかった。
なのに突然女が母を通り越して連絡を取ってきた。
上に書いた不幸話はその女が語ったこと。

最初は兄に連絡しようとしたらしいが、
父の携帯に残っていた兄の番号はもう変わっていて
私の番号が変わってなかったから連絡が取れたわけ。



用件は妹(本当は“妹”とは書きたくないが)の高校進学費用を援助してほしいって。

「もう働いてるならいくらか可能でしょ」

「同じ父親をもつ兄妹なんだから助けてあげるのが人としての道だ」

とかナントカ言い出したので話しの途中で切った。

母は祖母の介護で疲弊しているので、余計なことは耳に入れたくない。
だから兄に相談した。(援助のことではなく、女が接触してきたことを)
それで兄に勧められ、私も番号を変えてスルーを決め込むことにした。

正直、今更妹とか言われてもピンとこない。憎い女の娘としか思えない。
あんな女の元に生まれてきた運命を可哀想とは思うが、恨むなら親を恨んでほしい。

兄は父の死は知らなかったが、離婚原因については知ってた。
だから妹か弟がいるんだろうってことは分かってたみたい。
思春期で受験の大事な時期だった私に、母と兄は父の生々しいその話を
私の耳に入れないようにしてきたそうだ。

いつか父から連絡があるかも知れないと思って、番号も
メアドも変えずにきたのになんかバカみたいで涙が出る。
でも私には味方になってくれるお兄ちゃんがいて良かった。


666 :名無しさん@おーぷん ID:Nxh
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その16