記事トップに掲載しておりますサムネイル画像は、『著作権法32条(引用)』に基づき、「私個人が感銘を受けた作品」としての美術評として、引用掲載させていただいております。
また、あくまで私個人が著作物から感じるイメージであり、著作物が有しております社会的評価、またはその価値を貶めることを目的とするものではありません。

大変おこがましいのですが、まだ巡り合ったことのない方々に、「世の中にはこんなに素晴らしい作品がたくさんある」ということを知っていただきたく掲載させていただいております。

“画像引用元:○○”の部分がオフシャルサイト等のアンカーテキストになっておりますので、是非、ご覧になってみてください。個展情報やその他作品画像などがチェックいただけるかと思います。


※著作権所有者様へ
記事内容は著作権の侵害を目的とするものではありません。
万一、著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。著作権所有者様からの警告及び修正・撤去のご連絡があった場合は迅速に対処または削除いたします。

【お問い合わせ】