一回は一回です。。| 2ch修羅場・復讐まとめ

2ちゃんねるから修羅場・復讐・鬼女・気団・嫌がらせ・キチ・報復・嫁姑・トメ・コトメ・ウト・DQN返し 「ざまぁみろ」と言っちゃう本当にあった復讐劇をお送りします。 読み終わってスッキリする事間違いなし!! 「一回は一回ですから...」 と言う感じのまとめサイトです。

  • Twitter
  • RSS

いじめ

憎悪

11/06/09
お前らにも降りかかるかもしれない怖い話。


高校時代、バイトが終わって家に帰ると知らないおっさんが親父と飲んでた。
 
俺「こんばんわ~」 

おっさん「おー!若い頃の○○ちゃんに似てるね~」 

くらいの挨拶だけして自分の部屋で過ごしてたんだけど、まぁ…気になるじゃん。

続きを読む

感情

09/08/22
小学生の時、同じクラスの男子2名(1人は腰巾着)から苛められていた。
 
容姿や名前を嘲られたりして、口下手で根暗な私は
やり込められるばかりで、毎日辛い思いをしていた。

ある日辛さが限界に達してしまい、何もやり返せない私は反射的に聞こえないフリをした。 

続きを読む

壊れてしまえ

09/12/04
人を呪い殺したかもしれないらしいこと。

小さな田舎町で生まれ、親ともどもその強烈なムラ社会に
馴染めなかった私は、小・中と苛烈ないじめを受けて育ちました。 
教師は助けてくれるどころか、率先していじめに加担していました。 

20歳になったとき、しれっと同窓会の通知が来たときは
 
「あれだけのことをして招待状とはどういう神経か」

と激怒して欠席しましたが、25歳のとき再び招待状が来て、
なんだか気まぐれで出席してみたのです。 

続きを読む

低俗な女

10/08/10
そんでは細かい事でも。 

中学生の時いじめられてた。 
クラスぐるみで嫌がらせされたり無視されたりと結構酷かった。 
ついこの間、外回り中にいじめの中心人物だった3人組にばったり会った。 

こいつらの精神構造中学生から何一つ変わってない。 
聞こえるように悪口言ったりしながら一定の距離を保ってついてくる。 

中学時代と違ってこんな奴ら何一つ怖くもなんともなかったがウザいので
丁度昼飯時だったし、そこから歩いて5分ぐらいのホテルに行った。

続きを読む

復讐者

11/12/13
新郎会社関係で出席した結婚式にて。 

新郎の高校時代の友人Aのスピーチを、 
当日になって急遽、別の友人B(男)が
やることになったそうで、自席の後ろでスタッフとBが小声で打ち合わせをしていた。 

いわく
 
「参加予定だったAが来る途中で何たらかんたらで、代理で来た。 
新郎も知ってるし、スピーチのカンペは預かっているからそのまま喋るので大丈夫」
 
と、聞くでもなく聞こえた。

続きを読む

中学生

11/07/21
うちの父は私が物心ついた頃から鬱病で入退院を繰り返していました。 
当然まともな職につけるはずもなくずっと無職。 

私と兄と弟を食べさせて学校にも行かせてくれたのは母だった。 
母は美容師でしたが開業資金がなかったため(全部父の治療費と、私たちの学費で消えた) 
ずっと雇われでやっていました。 
美容師は若い子優遇で、店長でもない限り長くはやっていけない業界なのに 
母は私たちのため、同僚に笑われながらもずっと働いてくれていた。

続きを読む

制裁

10/05/09
小学生高学年の時に私を集団で無視したり、物をトイレに捨てるなどして 
いじめてた子(Aとする)と、高校で同じクラスになった。
  
私は中学校からのエスカレーターでその高校、Aは外部からだった。 
イジメられたことで暗かった私の性格も中学校3年間で変わっていて 
高校ではむしろクラスの中心的存在になってた私は、いじめの事は 
忘れたかのようなフリをして近づいた。

続きを読む

積年の恨み

14/01/03
上手く伝えられる自信がないけど書きます。

俺(31)が小学生の頃にいじめられてる子(A)がいた。

「先生に言えば?」

とか言ってもニコニコしてるだけなんだ。

学校で一番頭が良かったから、何考えてるか分かんなくて少し怖かった。

続きを読む

代償

14/04/23
私は高校時代に恵里(仮名)という女子からしこたまいじめ倒されていた。
からかわれたり仲間外れにされたりしてた。

だけど相手の方が友達が多くてそいつらも恵里の取り巻きとなって私をいじめてきた。

そんなある日、兄が大学のサークルで知り合った後輩と付き合うことになった。
結婚の約束をし始めた頃に兄がその彼女の家を訪れた日の事。

続きを読む

堅実な女性

13/10/13
男1「喪川、この日俺とシフト交代な」
 
喪「あ、無理です」
 
男1「あぁ?口答えしてんなよ?俺呑み会の次の日なんだよ。な? 
お前どうせ大した用事なんかねえだろ?」

続きを読む

このページのトップヘ