一回は一回です。。| 2ch修羅場・復讐まとめ

2ちゃんねるから修羅場・復讐・鬼女・気団・嫌がらせ・キチ・報復・嫁姑・トメ・コトメ・ウト・DQN返し 「ざまぁみろ」と言っちゃう本当にあった復讐劇をお送りします。 読み終わってスッキリする事間違いなし!! 「一回は一回ですから...」 と言う感じのまとめサイトです。

  • Twitter
  • RSS

2017年07月

輸血

12/02/23
稀血で思い出した、うちの修羅場。もう5年ぐらい前の話。
 
稀血って赤十字か血液センターか忘れたけど、登録されてて、 
たま~に献血求められたり、輸血必要とかで呼び出されることがあるらしい。
 
うちの伯父がその稀血だった。

続きを読む

空き家

04/05/18
私が小6、弟が小5の頃のことです。

私はある日友達AとBに、空き家に入って遊ぼうと誘われた。

怖いもの見たさもあって、当時頼りにしていたしっかり者の弟を誘ったが、なぜか行きたがらなかった。でも

「私に何かあったらどうする?お姉ちゃんがいなくなってもいいの?」

と意味のわからない事を言って強引に連れて行った。

続きを読む

きちがい

14/04/04
オカルトじゃないがスレタイには沿ってるから投下。

初めての子供が生まれたころ、1階に大家が住んでいるアパートを借りて、家族で住んだんだけど、この家での体験談。

平日、育児休暇をとってたまたま家族3人で部屋にいたとき、ふいに鍵を開けるがちゃがちゃという音がして、扉が開いた。

続きを読む

猪狩り

12/06/09
661:名無しさん@4周年 sizuoka 04/04/18 20:15 ID:c4Igku9p
昔、友達から聞いた話だが。
 
とある田舎に老人ホームがあった。
それはのんびりしたもので、近所のじいさんばあさんが
なんとなしにあつまって、日がな過ごしているようなものだった。
 
ところがある日、じいさんばあさんが集まってゲートボールをしていると 
そこに体重70kgほどのオスのイノシシが暴れこんできた。

続きを読む

訪問者

04/08/13
私は父親が生まれた時からいなくて、ずっと母親と2人暮しでした。(現在結婚して家は出ていますが)

私がまだ母と暮らしていた17歳の頃の事です。夜中の3時ぐらいに「ピーー」と玄関のチャイムが鳴りました。ちょうどその日は母と夜中までおしゃべりをしていて、2人とも起きていました。

「こんな遅くに誰だろね」

なんて話しつつ、私が

「はい」

とインターフォンをとりました。そうすると女性の声で

「あの…あの…突然すみません…。今晩、あの…泊めて頂けませんか」

と。

続きを読む

ヤクの売人

12/08/28
心機一転で新しいスレ立ったので、もう10年以上前の軽い修羅場を書いてみる。
 
地方紙に載ったから知ってる人もいるかも。一部フェイクあり。
長いけど修羅場としては軽いです。 


車通勤必須な地元就職を親が希望したので、就職祝いに中古車を買ってもらえることになった。

親が、

「軽は危ない」

「クーペは保険が高い」

などとうるさいので、父親が新車を買ってたディーラーに行って、父親が車を決めた。

何の変哲もない7年落ちの目立たないオヤジセダン、カリーナだった。 

続きを読む

狂った恋愛

09/10/10
短いけど。 
友人のA美がメンヘラんなった。 

元々ワガママな子ではあったんだけど、深夜2時に

「死にたい」

「今すぐ飲みにいこう、行かなきゃ死んでやるから!」

とかを繰り返す。 

続きを読む

娘

13/01/04
子供が全然自分に似ていない、さりとて嫁にも似ていない。 
ということで隠れてDNA鑑定したら親子の可能性は限りなく低いと結果が出た。
 
激怒して妻をなじり離婚準備を進めた。俺親も嫁をなじってひどい修羅場だった。

嫁は一貫して浮気していない、何かの間違いだと言っていたが 
弁護士に任せて妻との直接の話し合いはしなかった。 

しばらくして弁護士がおかしなことになったと言ってきた。 
妻は妻側で子供のDNA鑑定をしたらしいが、妻とも鑑定結果が一致しなかった。

つまり子供は俺の子供でないのと同時に、妻の子でもなかったわけだ。
 
でも妻が出産したのは間違いない事実で、じゃあこの子は誰だ。 
そしてうちの子はどこにって事になった。

続きを読む

JC

13/05/13
休日に昼飯を食いっぱぐれたので微妙な時間にファミレスに入った。
 
すぐ隣のテーブルでは中学生くらいの女の子2人がイラストを描いて遊んでいた。
 
仮にAとBとしておく。

好きな漫画の話とかしてたようだが、ちょっと話が飛んだ。

続きを読む

少女の生い立ち

12/08/22
流れで書いてみる。
児童福祉施設で今で言うケースワーカーをやっていたおばさんに聞いた話。 

両親と交通事故で死別し、他に身寄りがないため施設に来た女の子(2歳)がいた。
 
数日後、その女の子の遠縁の親戚から

「引き取りたい」

と連絡があった。

続きを読む

このページのトップヘ