恋愛

引用元:◇修羅場◇part60
https://love6.5ch.net/test/read.cgi/ex/1210686393/

661: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 17:26:29 ID:Y9nxn0M70
とりあえずプチ修羅場を 

俺 24歳 会社員 
えみ 俺の彼女 23歳 会社員 
あなご君 彼女の元カレ 多分フリーター 
パツ子 あなご君の彼女 22くらい フリーター 

俺とえみは彼女が大学生の時に共通の友人を通して知り合った。 
彼女は当時、彼氏と別れて間もない頃だったらしく、知り合ってからはいろんな飲み会やイベントで会う事が多かった。 
俺もしばらく彼女が居なかったんだが、当時はえみの事を可愛い子だな くらいにしか思ってなかった。 



知り合って半年ほどしてから、向こうからの告白で付き合う事になった。
付き合って最初の頃は、お互いの家を行き来する形だったんだが、いつの間にか彼女の家に半同棲するようになっていた。
彼女は他県から進学のために1人で出てきており、大学入学以降ずっと同じアパートに住んでいた。

その間に、彼女の就職や俺の転職なんかがあったけど、喧嘩しながらも、それなりに仲良くやってた。


663: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 17:33:06 ID:Y9nxn0M70
同棲を始めて半年くらい経った頃。
その日は、珍しく2人とも休み(普段は休みが余りかぶらない)で、俺は昼間っからシャワーを浴びてた。
んで、シャワーの音に紛れて、人の喋り声がするなーなんて思ってた。
シャワー浴び終わって、風呂を出た瞬間、でっかい声で女が叫んでるのに気づいた。

パツ子「まじ来いっつってんだろ!!おめーのだろうがっ!!」

よく分からんが、彼女が怒られてんのかなーなんて思いながら、体拭いてた。

えみ「そっちで勝手にしてくださいって言ってるじゃないですか!あたし関係ないと思いますけど」

パツ子「関係あるだろ!おめーのだろ!」

えみ「あたしのじゃないですって・・・あの人の物なんじゃないんですか?」

とりあえず、体拭いて、パンツはいて、ドライヤーかけ終わった後も、2人の会話がさっぱり分からなかった。
最初浮気かな?とも思ったが、どうも違う・・・。まぁいいか とりあえず喉渇いたなと、冷蔵庫目指したら見つかった。
玄関開けて話してたんだね あ・・・どうもと会釈だけして麦茶のも

パツ子「は?男?何あんた男いんの?意味分かんないんだけど?は?二股??」

さすがにこの発言にはピクっとなって俺も参加する事にした。


664: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 17:34:50 ID:Y9nxn0M70
俺「二股って?どういう事?」

えみ「違うよ?ほんと変な事言わないで下さい」

パツ子「じゃあなごはなんなのよ!あんたの彼氏なんでしょ?」

えみ「元・カレです」

パツ子「いやいやw無いからwあいつゲロったからww」

えみ「は?あなご君がそう言ったんですか?えと・・・正直ちょっと気持ち悪いんですけど・・・」

んーとりあえず、彼女浮気するタイプには見えなかったけどなー
でもあなごって俺の前に付き合ってたやつだよなー
まだ続いてんのかなー

なんて思いながら、浮気だったら別れなきゃな・・・
しっかしこの女(パツ子)髪パッツンもいいとこだなww
眉毛から上だけ日本人形じゃんwww

って考えてた。


665: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 17:37:52 ID:Y9nxn0M70
とりあえず女2人の言い合いが長引きそうなので、うるさいし、暑いしで、暴れないって条件で中に入ってもらった。

俺「えみが浮気してるってのは証拠あるの?」

パツ子「あるわよ!あなごがそう言ったんだから!」

俺「いや・・そういうんじゃなくて、メールとか、写真とか、信用出来る第三者の証言とか」

パツ子「・・・・・・・そんなの必要なくない?メールなら彼女の見れば?証拠消してるかもしれないけどねwwww」

俺「ちょっと見てもいいですかね?」

えみ「どうぞ」

ふむ・・・とりあえず怪しい所はないね・・・つーかあなご君自体見つからないね・・・

パツ子「あなごで登録してないだけでしょ!いい加減白状しなよ!みっともねーよ」

俺「とりあえずさ・・・そのあなごって人呼べば?ていうか呼んで?」

パツ子「は?いいけどあいつ超怖いよ?いいの?めっちゃ喧嘩強いけど?」

俺「あーそうなんだwうん呼んでw」

んであなご君に電話。とりあえず1時間くらいで来る事になり、その間に疑問に思ってた事を聞いてみた。


668: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 17:42:46 ID:Y9nxn0M70
俺「ところでさ、パツ子さんが来いとか、おめーのだろとか言ってたのは何?」

パツ子「うちにこいつの荷物があんだよ!イスとか時計とか、テレビとか!」

俺「テレビ?テレビ何台もあんの?」

パツ子「1台しかねーけど?」

俺「じゃえみのを使ってるんだww」

えみ「あたしのじゃない!あなご君ちにあったあたしの物は全部持って帰りました。テレビはこの家にあるやつしか買ってません」

俺「んーじゃそのあなご君ちのテレビは・・・何?」

パツ子「あなごが買ったやつでもおめーと一緒に買ったやつだろが!だったらおめーのもんだろ!」

俺「ごめんwwよく意味が分からないwあなご君が自分の金で買ったんだよね?もしかしてイスも時計も?」

パツ子「そうだよ!こいつと一緒に買ったんだよ!だからイヤなんだよ!」

俺「あーなるほどねwつまり使って欲しくないわけだwえみの影が見え隠れする物は。それ彼氏に捨ててっていえば?w」

パツ子「言ったに決まってんだろ・・・でも捨てないんだよ・・・こいつとの愛が詰まってるからってよ!」

俺「んでえみに直接引き取ってもらいにやってきたと?そんなにイヤなら自分で勝手に捨てちゃえば?」

パツ子「テレビとか重いだろうが!それにこいつあなごと浮気してやがるからな!文句言いに来た!」

とまぁこんな感じで話が進んで、浮気をパツ子が聞いた状況も聞き出せた。

要約すると、例の捨てて欲しい物を散々頼んでも捨てない。
なんでそこまでこだわるの?昔の女でしょ?今の彼女は私でしょ?今でもえみって女が好きなの?
とパツ子が詰め寄ったらしい。
そこで、あなご君が、ごめん・・・今でもえみと付き合ってるんだ・・・
と言うことらしい。ってところであなご君が到着した。


671: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 17:46:57 ID:Y9nxn0M70
あなご君は・・・・すっごく某サ○エさんのあなご君に似てた
唇とか・・・目とか・・・鼻とか・・・

なので俺の中ではずっとあなご君になってる。
正確に言うと、あなご君がダボダボのジーンズにダボダボの背番号入りのTシャツに、金髪に、鼻と耳にでっかいピアスをしてた。

あなご「よぅwえみ久しぶりw元気そうじゃんw」

つーかえみちゃんwwこんなのと付き合ってたの?www
確か・・・あなご君って、4つ上だったって言ってなかったw
てことはあなごお前27かよwwwwww

素敵な27歳を迎えて話は進んだ。


672: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 17:49:14 ID:Y9nxn0M70
俺「どうも えみの彼氏です。えみと今でも付き合ってるってパツ子さんから聞いたんですが?」

あなご「はぁ?彼氏って何?おめーなんなの?おいえみ!彼氏ってどういう事よ!」

えみ「どういう事って、あなご君とは1年以上前に別れたじゃん・・・」

あなご「別れてねーよ!俺別れるって言ってねーだろ」

えみ「あの時何回も話して、あなたとは付き合い続けるのは無理って話したよね?あなご君も分かったって言ってたよね」

あなご「気が変わったんだよ!やっぱ俺お前が好きだわ。まだお前との思い出大事しにてんだぜ」

俺「んーとつまり、あれですか?一年以上前に一回別れてるって事ですかぁ?」

あなご「お前関係ないだろww別れたけど、またより戻したんだよ!だからお前邪魔だわ帰って」

俺「えーと いつより戻したんですかね?」

あなご「はぁ?覚えてねーよ 3ヶ月くらい前じゃね?」

俺「その頃もう俺と付き合ってるんですけど・・・会ってより戻す話したんですか?」

あなご「いや会ってねーよww会うのは1年以上ぶりじゃね?」

俺「wwwwじゃどうやってより戻したんですか?」

あなご「俺が寄り戻すって決めたからに決まってんだろ!」

俺、えみ、パツ子「はい!!??


673: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 17:51:09 ID:Y9nxn0M70
俺「えみはその事知ってるんですか?」

あなご「いや?あー今言ったから知ってんじゃね?」

俺「いやいやwwwより戻そうぜって言ったんですか?その3ヶ月くらい前に」

あなご「言ってねーよww言う必要ないだろww付き合ってんだからw」

俺「つーことは、あんたがよし!今日から浜○あゆみと付き合うぞ!って思ったら浜○はあんたの彼女って事ですか?」

あなご「あぁ?浜○?俺あいつ好きじゃねーから」

俺「そうじゃなくてwwあんたが付き合いたいって思った人は直接告白しなくても、あんたが付き合うって決めた時点で自動的にあんたの彼女ってことですか?」

あなご「そうじゃね?だってえみ彼女だしwwなぁ?」

えみ「私の彼氏は俺君です。あなご君と寄りを戻した事もないし、これからも戻す事は絶対にありません。勝手に彼女にしないで下さい。」

あなご「は?え?何?付き合ってるよな?」

えみ「付き合ってません!はっきり言って気持ち悪いです。ほんとそういう変な妄想止めてください お願いします」

あなご「妄想じゃねーよ!プリクラだってあるし、一緒に○○や○○行ったろ?お前あれ作ってくれたろ?」

えみ「全部1年以上前の話でしょ!その後別れてから、一切会ってないし、連絡も取ってないでしょ。」

あなご「だってお前、携帯かけたら番号変わってたし・・・」


674: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 17:52:27 ID:Y9nxn0M70
俺「番号も知らない。会ってもいない。その前にえみ自身が付き合う意思見せてないのに、それって付き合ってるって言いますか?」

あなご「お前うるせーよ!俺が付き合ってるって思ったら付き合ってるんだろうが!お前別れろよ!お前が邪魔してんだろうが!」

俺「俺は彼女から告白されて付き合ってますけど?つーか横にいるパツ子さんに悪いとは思わないんですか?」

あなご「えみ?告白したってなんだよ・・・お前浮気する奴じゃないだろ・・・」

えみ「今好きなのは俺君です。あなご君の事は好きでもなんでもないです。迷惑なんで付き合ってるとか言わないで下さい。」

あなご「こいつ(俺)がいるからそんな事言うのか?別れてくれないのか?俺がなんとかしてやるから」

えみ「俺君と別れてもあなたと付き合う事は一生ないです。無理です。諦めてください」

このあたりであなご君プルプル振るえだした。
んでまったく喋らないパツ子はというと・・・・・すっごいはぁって顔であなごをずっと見てたww。

あなご「お前がえみを変えたんだろぉぉぉ!死ねよてめーー!」

いきなりあなごが襲ってきた。ぶっちゃけ油断してて、一発綺麗に貰ってしまった。

猫パンチ


676: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 17:52:58 ID:OhN2zHfy0
あなご私怨


677: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 17:53:17 ID:Y9nxn0M70
喧嘩強いんじゃなかったのかよwww
中学生でも絶対もっと良いパンチ打つだろww
ってくらい猫パンチだった。
でも本人渾身の一撃って顔で笑ってた。

猫パンチでも、その顔はむかつくわって思って、反撃してしまった・・・
でも1発で倒れた。ふぎゃ!って言いながら倒れた。
んでマウントとって、ずっと力一杯、鼻デコピンし続けた。


678: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 17:54:14 ID:b6AYJMlt0

     / ̄⌒⌒ヽ
      | / ̄ ̄ ̄ヽ
      | |   /  \|
    .| |    ´ ` |
     (6    つ /   ちくしょう・・・
    .|   / /⌒⌒ヽ
      |    \  ̄ ノ
     |     / ̄

  __,冖__ ,、  __冖__   / //      ,. - ―- 、
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /   _/        ヽ
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    / /      ,.フ^''''ー- j
  __,冖__ ,、   ,へ    /  ,ィ     /      \
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//     /     _/^  、`、
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /       /   /  _ 、,.;j ヽ|
   n     「 |      /.      |     -'''" =-{_ヽ{
   ll     || .,ヘ   /   ,-、  |   ,r' / ̄''''‐-..,フ!
   ll     ヽ二ノ__  {  / ハ `l/   i' i    _   `ヽ
   l|         _| ゙っ  ̄フ.rソ     i' l  r' ,..二''ァ ,ノ
   |l        (,・_,゙>  / { ' ノ     l  /''"´ 〈/ /
   ll     __,冖__ ,、  >  >-'     ;: |  !    i {
   l|     `,-. -、'ヽ'  \ l   l     ;. l |     | !
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー-.   !.    ; |. | ,. -、,...、| :l
   ll     __,冖__ ,、 |\/    l    ; l i   i  | l
   ll     `,-. -、'ヽ' iヾ  l     l   ;: l |  { j {
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ  {   |.      ゝ  ;:i' `''''ー‐-' }
. n. n. n        l  |   ::.   \ ヽ、__     ノ
  |!  |!  |!         l  |    ::.     `ー-`ニ''ブ
  o  o  o      ,へ l      :.         |
           /   ヽ      :
でぬこパンチ


679: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 17:55:23 ID:+5yKvgYw0
あなご君wwwwwwwwwwww


680: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 18:00:02 ID:6bfTF7kW0
あなご君の言ってることは100%おかしいが、少し可哀相に思ってしまうなw


681: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 18:02:48 ID:Ea/Ml+oE0
でこぴんwwwww


682: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 18:05:15 ID:Y9nxn0M70
10発くらい打ってたら、泣き出した。
いろんな角度から打ってたから、鼻が真っ赤だった。

あなご「なんだよ!どけ!いてーだろ!やめろや!いてーって!痛いって!痛いから!やめて!」

ずっと打ってたらあなご君本気で泣き出した。

あなご「すいませんでした! すいませんでした!すいませんでした!」

俺「先に手出したのあんたなんだけど?」

あなご「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

俺「えみ?もっかい聞くけど、こいつと付き合ってるの?」

えみ「ありえません 絶対にないです」

俺「だそうだけど?あんた振られたみたいだよ?」

あなご「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

俺「もうさ・・・脳内彼女とかやめなよ 気持ち悪いからさ」

あなご「脳内・・?ってなんですか」

俺「もういいやwとりあえずもうえみと付き合ってるなんて思い込みやめてね 迷惑だから」

あなご「・・・・・・・・・・・・・・・はい」

と解決に向かうかなって思った時に、あいつが沈黙を破った。


685: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 18:09:35 ID:Y9nxn0M70
パツ子「あなごてめーふざけんなよ!そんなにこいつが好きだったらあたしに告白してんじゃねーよ!」

パツ子「しかも何?脳内彼女?はぁ?気持ち悪いんだけどw喧嘩最強とか嘘付いてんじゃねーよ!ヘタレが!!」

って叫びながら、あなごをバシバシ蹴りだした。

あなご小さくなりながら やめろ!やめろって!いてーよってお願いしてた。

とりあえず、パツ子をあなごから剥がして再度、2人に納得したか聞いてみた。

パツ子「えみさんごめん!あたしの勘違いだった。このバカ後でボッコボコにしとくから。同じ女としてぶっちゃけこいつの行動気持ち悪いから」

俺「テレビ捨てろってえみに言った事も謝っとこうね?」

パツ子「あ!ごめん!よく考えたら女にあれは重いよね そこまで頭回らなくてごめん!」

謝るとこ激しく間違ってる気がするけどまぁいいか

あなご「俺はえみが大好きだ。一緒にいたい」

えみ「無理です。正直気持ち悪いです。顔も見たくないです」

あなご「・・・・ウヲォォォォォォンン」

しばらくあなごの号泣をみんなで聞きながら、えみとパツ子はなにやら話してた。

あなごは泣き終わった後、いい恋をありがとうと言って帰ろうとしてた。


686: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 18:12:39 ID:Y9nxn0M70
俺「あ・・・ちょっとあなご君。土下座してください」

あなご「え?なんで?」

俺「いやww俺もえみもまだ謝ってもらってないしw」

あなご「すいませんした」

俺「土・下・座」

デコピンの動きしてたら速攻土下座したあなご君。
何度も言うが、あなごは27歳。

あなご「すいませんでした」

俺「もう二度とうちらに近づかないでね」

あなご「・・・・・・・・・・・・はい」

とまぁこんな感じで2人は帰って行った。

あの時は結構すごい修羅場だった記憶しかないんだが、こうやって改めて見ると、しょぼいなww
俺の文章力がないだけかもしれんが・・・
大した事なくてすまんww 

修羅場は以上です。

後日えみに聞いた、あなご君のそれまでの人生なんかは居るかな


687: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 18:13:17 ID:J0e+g0OT0
ぜひ!ぜひ!


688: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 18:14:19 ID:n7Tn2FYJ0
おぉーリアルタイムだ。
ぜひ!ぜひ!


691: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 18:20:51 ID:Y9nxn0M70
あなご君は結構いい家庭に育って勉強も出来る子だったらしい。
中学は成績トップ。高校も中々の進学校で、そこでも上位をキープしてたんだそうだ。

ただ、大学受験に失敗し、一浪してから彼の人生が変わった。
えみとあなごは地元が一緒だったそうで、小さい頃からよく遊んでもらったんだそうだ。
んで、一浪して落ち込むあなご君を励ますうちに2人は恋仲になったと・・・
当時、あなご18歳 えみ14歳

んで翌年あなごはなんとか志望校に合格。
遠距離になったけど、付き合いは続いてた。

でもあなごが3年の時、彼は変わった。
原因はえみもはっきり分からないらしい。
多分その時のバイト仲間か同級生の影響じゃないかと彼女は言ってるが、急に俺様キャラになり、見た目が俺の知ってるあなご君になっていったという・・・


692: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 18:24:57 ID:j6fccK+J0
二十歳デビューなのか・・・


693: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 18:25:15 ID:Y9nxn0M70
それでもまだあなご君を好きな気持ちがあったえみはあなご君と同じ土地の大学を選択。
遠距離から解放されてあなごはとても喜んだそうだ。

でもえみはどんどん変わって行くあなご君に愛情が沸かなくなったと・・・
それで別れ話を切り出した所、俺様発言連発で、ますます嫌いになったんだそうだ。

別れる時あなご君はバラの花束を渡しながら

「これは枯れないバラだから。別れてもこれがあれば俺たちはいつも一緒だから」

と、かっこよく言ったらしい。

バラは5分後にはコンビニのゴミ箱に収納したそうだ。


695: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 18:30:30 ID:Y9nxn0M70
俺とあなご君の会話の中で、

俺は○○ってゾッキー知ってるんだぜ とか
俺の友達はパンチングマシンで500出すんだぜ とか
俺と喧嘩したら病院送りばっかりなんだぜ とか
俺の先輩は○○なんだぜ とか
俺の後輩はry とか

おそらくほとんどの人が中学生時代に発したであろう言葉のオンパレードだった。
何度も言うがあなごは当時27歳

ちなみにこの修羅場は最近まで忘れてたんだが、この前偶然今のあなご君を見かける事があったので思い出した次第です。

以上 私怨ありがとでした。


696: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 18:31:23 ID:Gp7RYINA0
えみwwwかっこえぇぇwww


700: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 18:43:00 ID:Y9nxn0M70
現在のあなご君は居酒屋のバイトをしていた。
一応髪は黒く、ピアスはしてなかったけど、あなご君だった。
あれから数年経つから今三十路は超えてる。

えみとは今も付き合ってますよ。
来年カップル板卒業なので、記念に書こうと思った。

ちなみにパツ子とえみはあれから友人になり、今は親友と呼べるくらいまで仲が良い。
多少・・・いや結構ぶっとんでる子だけど、根は良い子なんだと思う。

パツ子にも新しい彼氏が出来て、今彼氏からのプロポーズをせかしてる所らしい。
ちなみにパツ子の今カレも下唇が分厚い。

と言うことでありがとう 名無しに戻ります。


701: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 18:45:42 ID:Ea/Ml+oE0
乙でした。


702: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 18:46:45 ID:i7+VjeDX0
>>700
綺麗な〆ですっきりでした。
お幸せに!


708: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 22:17:42 ID:WHFJTyoN0
アナゴ君受験失敗後も気にかけてくれてる人が居るのに何で変わっちゃうかな~


711: 一回は一回です。。 2008/06/18(水) 05:52:17 ID:i1Id0/8l0
>>700
すらすら読めたよ
乙&おめ!
えみさんとお幸せに
パツ子結構いい子なんだろうなw


690: 一回は一回です。。 2008/06/17(火) 18:16:31 ID:l1Q0myDk0

     / ̄⌒⌒ヽ
      | / ̄ ̄ ̄ヽ
      | |   /  \|
    .| |    ´ ` |
     (6    つ /   ちくしょう・・・
    .|   / /⌒⌒ヽ
      |    \  ̄ ノ
     |     / ̄

  __,冖__ ,、  __冖__   / //      ,. - ―- 、
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /   _/        ヽ
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    / /      ,.フ^''''ー- j
  __,冖__ ,、   ,へ    /  ,ィ     /      \
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//     /     _/^  、`、
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /       /   /  _ 、,.;j ヽ|
   n     「 |      /.      |     -'''" =-{_ヽ{
   ll     || .,ヘ   /   ,-、  |   ,r' / ̄''''‐-..,フ!
   ll     ヽ二ノ__  {  / ハ `l/   i' i    _   `ヽ
   l|         _| ゙っ  ̄フ.rソ     i' l  r' ,..二''ァ ,ノ
   |l        (,・_,゙>  / { ' ノ     l  /''"´ 〈/ /
   ll     __,冖__ ,、  >  >-'     ;: |  !    i {
   l|     `,-. -、'ヽ'  \ l   l     ;. l |     | !
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー-.   !.    ; |. | ,. -、,...、| :l
   ll     __,冖__ ,、 |\/    l    ; l i   i  | l
   ll     `,-. -、'ヽ' iヾ  l     l   ;: l |  { j {
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ  {   |.      ゝ  ;:i' `''''ー‐-' }
. n. n. n        l  |   ::.   \ ヽ、__     ノ
  |!  |!  |!         l  |    ::.     `ー-`ニ''ブ
  o  o  o      ,へ l      :.         |
           /   ヽ      :