不倫

701:
名無しさん@お腹いっぱい。 2013/07/16(火) 03:43:23.22
過疎っているからチラ裏ネタでも書くわ。
これは不倫後結婚した夫婦から産まれた三男から聞いた話。

その家庭の夫婦仲はよく、ダブルベットはあたりまえ、
子供たちの前でもキスするような睦ましさだった。
 
それゆえ彼は

「結婚って素晴らしいな~」

と、ずーっと思っていた。

彼が地元の国立大学を卒業後、
その地方の経済に多大なる影響力を誇る企業に就職を希望し、
試験をある程度クリアしたとき、当然喜んでくれると思った両親の反応が鈍く、
あまつさえその企業への就活を辞退するように勧められたそうだ。

青天の霹靂だった為、渋る両親を問い詰めたところ

『どうせ最終面接は通らないから・・』

と言われ驚愕して、理由を問うた。

すると渋々、自分たちが以前その企業の社員だったこと、
結婚は不倫の末の妊娠、略奪だったことを告白された。
三男は以前から自分の母が再婚だということは知っていたが、その顛末までは知らなかったそうだ。

その元旦那は現在はその企業の役員に出世していること、30年前のその騒動は
社内は無論、取引先の企業へもかなり知れ渡っていることだと知らされた。
彼らの苗字はその地方では珍しく、見逃されることはないだろうとの見解だった。



またそうなれば元旦那の部下が配慮する公算が強い、よしんば就職できても、
雰囲気は最悪であることを覚悟しなければならない。
努力家の三男が、自身の力の及ばないところが原因で、
出世に響いたら両親としては忍びない。ゆえにその企業への就職は考え直して欲しい。

しかし三男もその企業に就職する為に、学生時代から多大なる努力を傾注していたので、
その事情をきいても諦めきれず、悶々とした日々だったそうだ。
しかし人間は経験しないと諦められないものだから、そのまま試験を受け続けることにした。
幸い最終面接までこぎつけ、緊張しながら面接会場に入ってみると、なんと元旦那がいたそうだ。

結果から言うと、他の面接者と変わらない対応で、彼もめでたく就職することができた。
その後もこの件で嫌がらせ、物知り顔で対応されることは一切なかったそうだ。

数年後、無礼講の席で元旦那のこと、顛末を聞く機会が一度だけあったそうだ。

元旦那は再婚はしないで、子供1人を立派に育て上げたとのこと。
騒動後は一大スキャンダルで針の筵だったとのこと。(30年前は離職=キャリア、人望を失うこと)
それに耐え、温厚篤実な性格と努力により、異例の出世をしたこと。
彼が就活しているのを知り、人物本位で考査すること、
就職してからは、事情を知る周囲の者にそれとなく緘口令を轢いていたこと。

それを両親に話したところ、涙ながらに詳しい事情を話してくれた内容は 
当時、自身の父親は元旦那に可愛がられていた部下だったこと。
自身の母親は同期入社の関係だったこと 
飲み会の帰りに家まで連れられて
数回行っているうちに、抜き差しならない関係になってしまったこと。
父親は一人っ子で、その父親(祖父)が老人病院に入院していたこと、
母親(祖母)が脚が悪かった為に、その地方から離れられなかったこと。
逃げるように自主退社した父親なのに、家庭の事情を知っていた元旦那は慰謝料、養育費などの請求は思いとどまってくれたこと。
(当時の上司は部下の家庭の事情まで、事細かく把握していたようだ) 

三男はその事情を聞いて、改めて元旦那の大きさ、男子はかくあるべきかと感じたとのことだ。

今思い返してみると、両親の当時の基準からすれば、
過度なるアツアツぶりは、一種の意地、彼らなりの贖罪があったのではないかと思っているそうだ。


703: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/07/16(火) 05:18:06.70
まわり中知り合いだらけだから慰謝料請求や養育費請求を格好つけてしなかっただけだろ。 
しかも、浮気相手に慰謝料を当然のように請求するようになったのはほんの最近の話だぞ。


706: :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/07/16(火) 07:13:02.45
いくら昔の事だとはいえ、 
ただの格好つけだけで怒りや屈辱をを押さえ込むのはなかなか出来る事じゃないぞ。


嫁の浮気相談スレPART6