一回は一回です。。| 2ch修羅場・復讐まとめ

2ちゃんねるから修羅場・復讐・鬼女・気団・嫌がらせ・キチ・報復・嫁姑・トメ・コトメ・ウト・DQN返し 「ざまぁみろ」と言っちゃう本当にあった復讐劇をお送りします。 読み終わってスッキリする事間違いなし!! 「一回は一回ですから...」 と言う感じのまとめサイトです。

  • Twitter
  • RSS

船旅

09/02/17
2003年の今頃の時期は、3月いっぱいで定年退職するオバサマの
 
「退職記念に船で旅行したいから、会社のみんなで分担して費用を出してちょうだいね」

攻撃に悩まされていた。 

元は神戸営業所の全従業員・約20人で、10万円前後の時計を贈ろうと
考えていたが、彼女が考えていた予算は、ホストクラブの男性と
二人分で約450万円というシロモノだった。

続きを読む

おバカな妻

13/06/25
俺の実家で飯食いながら世間話してた。

嫁が、地元の友達の離婚騒動がどうのこうのって話をしてたときに、

続きを読む

缶詰

09/06/08
妹はみょうちきりんな『ネタ土産』を買ってくるのが大好き。 
世界一臭いという魚の缶詰、不味過ぎて誰も食べられないような
肉だか魚だかの加工缶詰(パテのような物らしいが未開封のため確認できず)、 
消臭スプレーに偽装してある唐辛子スプレー、食べられる虫が入っている飴、
強盗に投げつける強力な染料が入ったカラーボールなど色々。 

もらったときは笑いの種にはなるけど処分に困り、
段ボール箱にギッチリ詰め込んで物置にしまっていた。 

続きを読む

バカ女

13/04/03
義実家に届け物して寄ったら

「私さんが浮気してる~!!」

と義弟嫁が乗り込んできたww 

良トメびっくり、クソウトは色めき立つ。

続きを読む

頭悪い

10/10/21
ついさっきのプチプチ話。 
初めてなんで読みにくかったらごめんなさい。 

ドライヤーが壊れたので昨日新しいのを買った。 
マイナスイオンが出るやつで、お迎えの時にママ友と
放出イオン量の話になったで

「うちは100万だったよ、多いのか少ないのか分かんないけど」

って話してたら今まで一度も話したことはないけど
悪い噂はよく聞いてたセコママが私が100万円もらったと勘違いして騒ぎだした。

続きを読む

マクドナルド

13/02/25
朝、急いで出かける途中、子供が腹減ったというので、
途中にあるマク○ナルドのドライブスルーに寄った。

普段マク○ナルドははほとんど利用しない。

「チーズバーガー1個」

と注文すると

「朝マックだけになっています」

と言う。

続きを読む

トイレ

04/03/12
過日私がとある施設の男子トイレに入ろうとその入り口にさしかかったところ 中から女性の嬌声が聞こえたのは大いに不思議とするに足ることであって私は 思わず入り口の『男子トイレ』の表示を再確認し自分が誤って女子トイレに侵入したのではないと安堵したのであるがさすれば男子トイレの中から女性の声が聞こえるというのはいかなる怪奇現象であろうかと不審に思い私はそのまま佇み注意深く耳を澄ますと同時に中を観察したのであったがその結果漏れ聞こえてくるのは「イヤだ、ヤメてよ」とか「いいじゃないか」あるいは「ダメ、ダメだったらぁ・・」というような男女の会話であったのでどうやら一番奥の『使用中』の個室に一組の男女が入って極めて性的色彩濃厚な怪しい作業に耽溺しているらしいと得心が行った私は一旦トイレから少し離れるとわざと大きめの足音を立ててトイレに入ったのであったがそうすると果たせるかな男女の声はピタリと止み私は静けさを取り戻したそのトイレで陽気に鼻歌を歌いながら用を足し手を洗うついでに脇の道具入れのホースを取り出し横に置いてあったバケツに水を満々と注入し終えた後そのバケツを腕にぶら下げて鼻歌を継続したままツカツカとトイレの奥に進んでいったのだが何故そのような事をしたかというとこの状況でトイレ掃除をする馬鹿はいないのであって私は皆様のご想像の通り「エイヤッ」とかけ声をかけつつその不謹慎な男女の潜む個室めがけて扉ごしにバケツ一杯の水を浴びせかけると同時に激しく扉を叩いて罵声を浴びせかけたところ自分でも不思議なほど胸がスーッといたしましたので謹んでこのスレにご報告申し上げる次第であります。

続きを読む

スクラップ工場

17/04/10
もう10年くらい前の話なんだけど、当時働いていた職場は変則的なシフトでね、その日は昼過ぎから21時という勤務だった。翌日から土、日、月という三連休の前の晩ということで、テンションが上がりまくっていたのを覚えてる。おまけに給料日だったしね。
 
些細な日常の小さな幸せってやつだ。俺は運転免許を取るのが割に遅くてさ、当時は免許取得後2年くらいしか経っていないこともあり、よく深夜にあてもないドライブに出かけたものだった。 
行き先も決めずに2~300km走って帰るという密かな楽しみを持っていた。

続きを読む

元彼

このヒトは無理だと悟った瞬間92

11/03/04
彼氏に嘘をつかれた時に矛盾してるところを問い詰めたところ
 
「もしかして、アイツかもしれない…」
 
「またアイツの仕業なのか…畜生」
 
などとぶつぶつ呟き

「●●ちゃん、落ち着いて聞いて欲しい…俺の心にはもう一人の
悪魔のような俺がいてたまに俺を困らせるんだ 
随分と出て来なかったのに、しぶといやつだ…だから俺のせいじゃない!」
 
と驚くような言い訳をしはじめたとき

続きを読む

ワインボトル

14/01/03
つい先日の恋冷め話。 

学歴はさほど気にしなかった私だけど、 
4年付き合ってきた彼氏の頭が悪いというかIQが低いのは薄々感じてた。

高卒で、お父さんの経営する会社で働いてて 
正直、頭が悪くてもやっていける業種。
 
経理など会社の事務的なことは苦手みたいで 
お父さんの会社は事務員さんだけ親族ではない人を雇って、 
その人がすごく仕事ができる人なので、会社はなんとか回ってるらしい。 

続きを読む

このページのトップヘ