一回は一回です。。| 2ch修羅場・復讐まとめ

2ちゃんねるから修羅場・復讐・鬼女・気団・嫌がらせ・キチ・報復・嫁姑・トメ・コトメ・ウト・DQN返し 「ざまぁみろ」と言っちゃう本当にあった復讐劇をお送りします。 読み終わってスッキリする事間違いなし!! 「一回は一回ですから...」 と言う感じのまとめサイトです。

  • Twitter
  • RSS

16歳の娘

13/03/13
流れをぶった切るけど、一応は解決したけどプチ修羅場。 

ゲーセンで遊んでたら置き引きされそうになった、というかされた。 
犯人はA。40歳くらいのゲームなんかしなさそうなおっさん。面識はない。 

奪われた!と思った瞬間ゲームを即切り上げてそいつを追いかけて
ドロップキックしたら、当たりどころが悪かったらしく意識を失ってしまった。

続きを読む

騙す女

12/05/24
自分と似た話を読んだので、厄落としがてら書かせてください。 

5年前、自分が27歳の時に、婚約した。正直もてない男で初彼女だった。 
合コンで知り合った人で、半年ぐらいつきあってプロポーズした。
 
彼女はその時、

「26歳。母が早くに亡くなったので、家事手伝いで家にいる。時々自営業やってる父を助けて、事務をしている」

という話だった。
 
プロポーズしたので、相手の家にも挨拶にいったし、何も問題ないと思ってた。

続きを読む

リクルート

13/03/09
面接官1人、俺ら5人。 
ぞろぞろと部屋に入る。合図があったので目の前のイスに座る。 

面接官「ワナバ『田中』ガ。コゲインテッ↑ビュウ↓バスベシガ」
 
俺「?????」
 
面接官「アー…スダバメホラノナベバハズガラユデゲジャ?」
 
端の奴「ウッ…グフッwwwwクソwww」
 
面接官「ガラァ!チョッスナ!!!ガラヘガヘルナビャア!?キマタゲラズナガ!!!ケテバェイ!!!!!ケテバェイ!!!!!」 

退室させられる。あっという間の1分。 
待機室で端の奴は笑い泣きしてた。 
なお会社は(ちょっと特殊な)IT:インフラ。外資系。面接地は都内の本社ビル。 

俺は誰に文句言ったらいいのん?マジで。

続きを読む

背中

13/03/23
仕事で帰りの遅い旦那。

その日は面倒だったのでパック寿司を買っておいた。
 
夜中、トイレに行きたくて目が覚めると居間に電気がついていた。
 
帰って来たんだと思って様子を見に行ったら…

続きを読む

津波

13/12/09
津波ネタなら俺も。
 
津波当日、仙台新港にあった自動車部品関係の倉庫で働いていたが、 
調度津波が来た時間に、職場である新港に戻る為、仙台の地元で言う 
「産業道路」と呼ばれる道を走っていた。
 
カーラジオを聞く習慣のない俺は

「地震で倉庫・事務所が大変な事態になっているだろうなあ」
 
「自宅は女房いるからなんとかなってるか・・・」

みたいなノリで走っていたのだが、臨界鉄道を潜る前の交差点のとこで
車が前にも後ろにも動かず立ち往生してしまった。

続きを読む

謎の新婦

03/12/10
数年前、派遣の仕事で結婚式に出席したことがあります。 
役柄は『新婦の学生時代の友人A』

披露宴会場に行ってみると、新婦の妹(乳飲子連れ。夫不在)と、
会社同僚以外、新婦側の出席者は<親類役>まで全て派遣でした。(顔見知りが多かったので分かった)

続きを読む

気高き医師

06/09/05
小学生の時に母が亡くなった。

病院で意識もなくたくさんのチューブに繋がれている母を
ただ見ていることしかできなかった時、傍で立ち話をしていた母の担当のお医者様と看護婦さんの会話。 

「もうアレ無理だしさ、今日中に終わらせちゃいたいんだよね。俺、明日ゴルフだし」 

続きを読む

ジャッジメント

13/11/09
1ヶ月後に労基きたんだけどwwwwwwww 

社長は

「裏切り者はだれだ!」

って怒ってるwwwwww 

俺のせいじゃないと信じたい


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09(土) 12:29:14.63 ID:R9YsObAB0
グッジョブ

続きを読む

裏通り

11/03/06
10年以上前の夏の夜にY市のN区の裏通りを車で走ってたんだよね。
そしたら目的地の方向に街灯に照らされた3人の人影が見えてさ。

別に気にも止めないで、そっちの方に走って行ったら、だんだんくっきり見えてきて
1人が道路に寝転がってて、
他の2人は棒を持ってるシルエットが見えてきて 
3名様が何をしてるか俺もピンときたんだけど、横に入れる道も無いし、いつの間にか一方通行になってるし。 

続きを読む

どアップの顔

07/03/03
今思うとそんなに怖くないかもだが、その時はすっげー怖かった話を一つ。 

心霊現象とかそういうのじゃ『多分』ないから、期待はしないでくれ。 

今年の1月の半ば。
大学の卒業がぎりぎりだった俺は、珍しく真面目に夜も勉強していた。

続きを読む

このページのトップヘ